先頭に戻る

高速カレントミラー、サンプル/ホールド出力内蔵

APDバイアス、カレントミラー、および高速サンプル/ホールドを内蔵したシングルチップバーストモードRSSIソリューション

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Sample-and-Hold Circuits
Inputs 1
# S/H Amplifiers 1
Output Clamp. Diodes No
Hold Step (mV) (max) 1
VOUT (V) 0 to 1
Package/Pins TQFN/24
Budgetary
Price (See Notes)
1.51
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Sample-and-Hold Circuits
Inputs 1
# S/H Amplifiers 1
Output Clamp. Diodes No
Hold Step (mV) (max) 1
VOUT (V) 0 to 1
Package/Pins TQFN/24
Budgetary
Price (See Notes)
1.51

主な特長

  • 2つのカレントミラー出力による高精度バーストモードRSSI測定によってダイナミックレンジを拡大
    • 光入力範囲:-32dBm~-5dBm
    • 精度:±0.5dB
    • サンプリング時間:わずか300ns
    • 端子放電オプション
  • シャットダウンオプションを備えた低ノイズAPDバイアスによってレシーバ感度を低減
    • APDバイアス:15V~76V
    • 外付けコンデンサ接続によってAPD電圧フィルタのRC時定数を制御
    • 可変制限を備えた電流クランプおよび制限ステータスによる外部シャットダウン
    • 高電圧スイッチFETによるAPDの高速シャットダウン
  • 小型パッケージによって総ソリューションサイズおよびコストを削減
    • エクスポーズドパッドを備えた24ピンTQFNパッケージ(3.5mm x 3.5mm)

アプリケーション/用途

  • 10GPON OLT
  • APD監視
  • GPON OLT

説明

高速カレントミラーのDS3923は、アバランシェフォトダイオード(APD)バイアスおよび光回線端末(OLT)アプリケーションにおけるバーストモード受信電力信号の監視に必要な高電圧デバイスを内蔵します。このデバイスは、APD電流を監視するために小利得および大利得のカレントミラー出力を提供します。自動利得選択を備えたサンプル/ホールド回路によって、サンプリングされた信号がキャプチャされるため、外付けADCは正確に信号を測定することができます。調整可能な電流クランプによって、APDへの電流が制限されます。このクランプは外部シャットダウンも備えています。内蔵FETも提供されており、高い光入力パワー発生時に高電圧バイアスを迅速にグランドにクランプするために使用することができます。

DS3923は、24ピンTQFNパッケージで提供され、-40℃~+95℃の拡張温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

DS3923:標準アプリケーション回路 DS3923:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。