DS1884

SFPおよびPON ONUコントローラ、デジタルLDDインタフェース内蔵

LDD/レーザアンプMAX3710と動作し、消光比制御を実行し、SFF-8472機能性を完全サポート


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

DS1884は、すべてのSFF-8472機能を含むSFF、SFP、およびSFP+モジュールの全機能を制御および監視します。DS1884とMAX3710の組合せは、すべてのトランスミッタおよびレシーバ機能をサポートします。DS1884は、変調電流制御、およびトラッキング誤差調整を備えたAPCセットポイント制御を内蔵しています。このデバイスは、LOS生成のためにRSSIを常時監視します。13ビットアナログ-デジタルコンバータ(ADC)によって、VCC、温度、レーザバイアス、レーザ変調、および受信電力が監視され、すべての監視要件に適合することができます。受信電力測定は、差動で、VCCに対するコモンモードをサポートしています。9ビットデジタル-アナログコンバータ(DAC)が内蔵されており、APDバイアス制御用の温度補償を備えています。
DS1884:ブロックダイアグラム DS1884:ブロックダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • すべてのSFF-8472制御および監視要件に適合
  • MAX3710レーザドライバ/リミティングアンプとMAX3945リミティングアンプのコンパニオンコントローラ
  • MAX3710/DS1884の組合せは最大2.5GHzの連続モードおよびPONアプリケーションの広域スペクトルをサポート
  • 温度ルックアップテーブル(LUT)でAPCトラッキング誤差およびデュアルクローズドループ変数を補償
  • 3つのレーザ制御モード
    • デュアルクローズドループ:複数のLUTによってレーザバイアスおよびレーザ変調を自動制御し、デュアルクローズドループ較正ポイントを補償
    • APCループ:レーザバイアスを自動制御、温度LUTによってレーザ変調を制御
    • オープンループ:温度LUTによってレーザバイアスおよびレーザ変調を制御
  • 13ビットADC
    • レーザバイアス、レーザ電力、および受信電力は内部および外部較正をサポート
    • 差動受信電力入力
    • スケーラブルダイナミックレンジ
    • ダイレクト-デジタル変換の温度センサー内蔵
    • すべての監視対象チャネル用のアラームおよび警告フラグ
  • APDバイアス用の温度補償を備えた9ビットDAC
  • デジタルI/Oピン:送信ディセーブル入力/出力、レート選択入力/出力、LOS入力/出力、送信フォルト入力/出力、さらにIN1ステータスモニタおよびフォルト入力
  • マスク可能なアラーム/警告を備えた包括的なフォルト測定システム
  • フレキシブルなパスワード方式によって3レベルのセキュリティを提供
  • 256バイトA0hおよび128バイト上位A2h EEPROM
  • I²C対応インタフェース
  • 3線式マスターによってMAX3710レーザドライバ/リミティングアンプおよびMAX3945リミティングアンプと通信

アプリケーション/用途

  • SFF、SFP、およびPON ONUモジュール

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: DS1884.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース