DS1852

光トランシーバ診断モニタ

光トランシーバ診断モニタ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

トランシーバモニタのDS1852は、光ファイバデータトランシーバモジュールのすべてのシステム監視機能をSFF-8472に従って管理します。この機能には、ホストシステムとの2線式通信、IDとトラッキングとキャリブレーション用のEEPROMメモリ、4入力マルチプレクサと3つの高速コンパレータ、および光トランシーバを監視する温度センサを備えたADCなどがあります。DS1852は、すべての4個のアナログ-ディジタル(A/D)変換値(3個のユーザアナログ入力と電源電圧)と温度に対するプログラマブルなアラームと警告フラグを備えています。これらの条件によって、各モジュール内の重要なパラメータを決定することができます。3個の高速コンパレータは、温度補償プログラムが可能です。トリップポイントの温度依存性は、重要な条件を評価するのに役立ちます。
DS1852:ブロックダイアグラム DS1852:ブロックダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • デバイスアドレスA2hでSFF-8472に準拠
    [注:完全準拠にはアドレスA0hで外部EEPROMを使用する必要があります]
  • 可変4入力マルチプレクサ付きアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)
  • ダイレクト-ディジタル変換の温度コンバータ
  • プログラマブルなアラームと警告条件
  • 温度補償された、プログラマブルな3入力マルチプレクサ付高速コンパレータ
  • 2線式インタフェースで、温度、データ、およびデバイス制御にアクセス
  • 3Vまたは5Vの電源で動作
  • パッケージ:25ボールBGA
  • 動作温度:-40℃~+100℃
  • プログラミング温度:0℃~+70℃
  • 3レベルのセキュリティ
  • 127バイトEEPROM (セキュリティレベル1)
  • 128バイトEEPROM (セキュリティレベル2)
  • GBIC適合アドレス空間(デバイスアドレスA0hで外部EEPROMを使用)

アプリケーション/用途

  • 高速アクセス(テレコム)

技術資料

アプリケーションノート 3481 Using the DS1859 with External EEPROM
アプリケーションノート 2090 How to Configure the DS1852 Alarm and Warning Thresholds to Comply with SFF-8472
アプリケーションノート 217 How to Interpret DS1852 Temperature and Voltage Readings
アプリケーションノート 174 Monitor Calibration in Fiber Optic Applications

その他リソース

製品タイプ別温度ファミリ
製品の信頼性レポート: DS1852.pdf 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID タイトル
アプリケーションノート 3481 Using the DS1859 with External EEPROM
アプリケーションノート 2090 How to Configure the DS1852 Alarm and Warning Thresholds to Comply with SFF-8472
アプリケーションノート 217 How to Interpret DS1852 Temperature and Voltage Readings
アプリケーションノート 174 Monitor Calibration in Fiber Optic Applications