先頭に戻る

光トランシーバ診断モニタ

光トランシーバ診断モニタ

製品詳細

トランシーバモニタのDS1852は、光ファイバデータトランシーバモジュールのすべてのシステム監視機能をSFF-8472に従って管理します。この機能には、ホストシステムとの2線式通信、IDとトラッキングとキャリブレーション用のEEPROMメモリ、4入力マルチプレクサと3つの高速コンパレータ、および光トランシーバを監視する温度センサを備えたADCなどがあります。DS1852は、すべての4個のアナログ-ディジタル(A/D)変換値(3個のユーザアナログ入力と電源電圧)と温度に対するプログラマブルなアラームと警告フラグを備えています。これらの条件によって、各モジュール内の重要なパラメータを決定することができます。3個の高速コンパレータは、温度補償プログラムが可能です。トリップポイントの温度依存性は、重要な条件を評価するのに役立ちます。

主な機能

  • デバイスアドレスA2hでSFF-8472に準拠
    [注:完全準拠にはアドレスA0hで外部EEPROMを使用する必要があります]
  • 可変4入力マルチプレクサ付きアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)
  • ダイレクト-ディジタル変換の温度コンバータ
  • プログラマブルなアラームと警告条件
  • 温度補償された、プログラマブルな3入力マルチプレクサ付高速コンパレータ
  • 2線式インタフェースで、温度、データ、およびデバイス制御にアクセス
  • 3Vまたは5Vの電源で動作
  • パッケージ:25ボールBGA
  • 動作温度:-40℃~+100℃
  • プログラミング温度:0℃~+70℃
  • 3レベルのセキュリティ
  • 127バイトEEPROM (セキュリティレベル1)
  • 128バイトEEPROM (セキュリティレベル2)
  • GBIC適合アドレス空間(デバイスアドレスA0hで外部EEPROMを使用)

アプリケーション/用途

  • 高速アクセス(テレコム)

簡略化されたブロック図

DS1852:ブロックダイアグラム DS1852:ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

データシート 光トランシーバ診断モニタ Jan 19, 2006
アプリケーションノート Using the DS1859 with External EEPROM
アプリケーションノート How to Configure the DS1852 Alarm and Warning Thresholds to Comply with SFF-8472
アプリケーションノート How to Interpret DS1852 Temperature and Voltage Readings
アプリケーションノート Monitor Calibration in Fiber Optic Applications

設計開発

可能な場合は、下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.

パラメーター

主な機能

  • デバイスアドレスA2hでSFF-8472に準拠
    [注:完全準拠にはアドレスA0hで外部EEPROMを使用する必要があります]
  • 可変4入力マルチプレクサ付きアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)
  • ダイレクト-ディジタル変換の温度コンバータ
  • プログラマブルなアラームと警告条件
  • 温度補償された、プログラマブルな3入力マルチプレクサ付高速コンパレータ
  • 2線式インタフェースで、温度、データ、およびデバイス制御にアクセス
  • 3Vまたは5Vの電源で動作
  • パッケージ:25ボールBGA
  • 動作温度:-40℃~+100℃
  • プログラミング温度:0℃~+70℃
  • 3レベルのセキュリティ
  • 127バイトEEPROM (セキュリティレベル1)
  • 128バイトEEPROM (セキュリティレベル2)
  • GBIC適合アドレス空間(デバイスアドレスA0hで外部EEPROMを使用)

アプリケーション/用途

  • 高速アクセス(テレコム)

説明

トランシーバモニタのDS1852は、光ファイバデータトランシーバモジュールのすべてのシステム監視機能をSFF-8472に従って管理します。この機能には、ホストシステムとの2線式通信、IDとトラッキングとキャリブレーション用のEEPROMメモリ、4入力マルチプレクサと3つの高速コンパレータ、および光トランシーバを監視する温度センサを備えたADCなどがあります。DS1852は、すべての4個のアナログ-ディジタル(A/D)変換値(3個のユーザアナログ入力と電源電圧)と温度に対するプログラマブルなアラームと警告フラグを備えています。これらの条件によって、各モジュール内の重要なパラメータを決定することができます。3個の高速コンパレータは、温度補償プログラムが可能です。トリップポイントの温度依存性は、重要な条件を評価するのに役立ちます。

簡略化されたブロック図

DS1852:ブロックダイアグラム DS1852:ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

データシート 光トランシーバ診断モニタ Jan 19, 2006
アプリケーションノート Using the DS1859 with External EEPROM
アプリケーションノート How to Configure the DS1852 Alarm and Warning Thresholds to Comply with SFF-8472
アプリケーションノート How to Interpret DS1852 Temperature and Voltage Readings
アプリケーションノート Monitor Calibration in Fiber Optic Applications

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.