先頭に戻る
/content/maximintegrated/ja/products/comms/optical-communications

光ケーブルとのインタフェースには、電気ドメインと光ドメインの間の信号変換を管理する特定の物理層トランスミッタおよびレシーバが必要です。この変換は、通常は光トランシーバモジュール内で行われます。マキシムは、レーザーやシリコンフォトニクスなどの光トランスミッタデバイスを駆動する製品ファミリとともに、フォトダイオードからの信号の増幅、波形整形、およびタイミング再生を行うレシーバを提供しています。現在これらの製品は、最大50Gbpsのビットレート用に提供されています。また、マキシムは光モジュールアプリケーション用に最適化された制御およびパワーマネージメント製品も提供し、光モジュールに必要なチップセットを完備しています。

技術資料

*必須

Technical Documentation

技術資料

表示: 10 / 表示トップ 100 結果 全て表示 結果

型番 タイトル ドキュメントの種類 日付

注目製品

DS3922 高速カレントミラーおよび内蔵FET、DC-DCコントローラ用

高速カレントミラーのDS3922は、アバランシェフォトダイオード(APD)バイアスおよびOLTアプリケーションにおけるバーストモード受信電力信号の監視に必要な高電圧デバイスを内蔵しています。こ...

DS3923 高速カレントミラー、サンプル/ホールド出力内蔵

高速カレントミラーのDS3923は、アバランシェフォトダイオード(APD)バイアスおよび光回線端末(OLT)アプリケーションにおけるバーストモード受信電力信号の監視に必要な高電圧デバイスを内蔵...

DS4830 光マイクロコントローラ

DS4830は、低電力、16ビット、マイクロコントローラコアをベースとする、完全な光制御、較正、およびモニタソリューションを提供し、プログラムおよびRAMデータメモリを提供します。I/Oリソー...

DS4830A 光マイクロコントローラ

DS4830Aは、多数のアナログ信号の高分解能変換とそれらの信号のデジタル信号処理(DSP)、外付けホストとの高速データ通信、および超低消費電力を必要とする光アプリケーションをサポートする独自...

MAX3949 11.3Gbps、低電力、AC結合レーザドライバ

MAX3949は、3.3V、マルチレート、低電力レーザダイオードドライバで、最大11.3Gbpsのデータレートのイーサネット、ファイバチャネル、およびSONET伝送システム向けに設計されていま...

MAX3735 2.7Gbps、低電力SFPレーザドライバ

MAX3735Aは、155Mbps~2.7GbpsのSFP/SFFアプリケーション用の+3.3Vレーザドライバです。このデバイスは差動入力データに対応し、レーザ駆動用のバイアスおよび変調電流を...

MAX3735A 2.7Gbps、低電力SFPレーザドライバ

MAX3735Aは、155Mbps~2.7GbpsのSFP/SFFアプリケーション用の+3.3Vレーザドライバです。このデバイスは差動入力データに対応し、レーザ駆動用のバイアスおよび変調電流を...

MAX3747A 155Mbps~3.2Gbps、低電力SFPリミティングアンプ

マルチレートリミティングアンプのMAX3747A/MAX3747Bは、OC-3~OC-48同期光ネットワーク(SONET)、ファイバチャネル、およびギガビットイーサネット光レシーバ用のデータ量...

DS3911 温度制御、不揮発性、I²CクワッドDAC

DS3911は、10ビットのデルタシグマ出力不揮発性(NV)デジタルコントローラであり、温度センサーとそれに対応するアナログ-デジタルコンバータ(ADC)を内蔵しています。内蔵温度センサーは、...

MAX3945 1.0625Gbps~11.3Gbps、SFP+デュアルパスリミティングアンプ

MAX3945は、+3.3V、マルチレート、低電力リミティングアンプであり、最大11.3Gbpsのデータレートのファイバチャネルおよびイーサネット伝送システム向けに最適化されています。この高感...