MAX3406

75Ω/100Ω/120Ω、スイッチプログラマブル終端ネットワーク


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3406/MAX3407/MAX3408は、ディジタル制御ラインの状態に応じてラインの終端抵抗値を変更できるように設計された汎用ライン終端ネットワークで、同軸ケーブルまたはツイストペア線と接続が可能です。これらのデバイスは、75Ω、100Ω、120Ωの間で切り替えることができます。MAX3406は75Ωから100Ωに、MAX3407は75Ωから120Ωに、またMAX3408は100Ωから120Ωに終端を切り替えることができます。終端抵抗値は、-40℃~+85℃で±3.6Vの信号レベルに対して±2.5%が保証されています。

MAX3406/MAX3407/MAX3408は、消費電流がわずか50µAで、+4.5V~+5.5V電源での動作が保証されています。これらのデバイスは、小型5ピンSOT23パッケージで提供され、-40℃~+85℃の工業用拡張温度範囲での動作が保証されています。
MAX3406、MAX3407、MAX3408:ブロックダイアグラム MAX3406、MAX3407、MAX3408:ブロックダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • 5ピンSOTパッケージ
  • 抵抗値精度:±2.5% (工業用拡張温度範囲にて)
  • 入力電圧:-3.6V~+3.6V
  • 消費電流:50µA (max)
  • バイポーラ入力範囲では、単一電源使用不可
  • 終端切替え可能
    • 75Ωまたは100Ω (MAX3406)
    • 75Ωまたは120Ω (MAX3407)
    • 100Ωまたは120Ω (MAX3408)

アプリケーション/用途

  • コンピュータ:デスクトップ、ワークステーション、サーバ

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX3406 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX5871
16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

  • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
  • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
  • 高い柔軟性と設定自由度