DS33R41

クワッド高集積T1/E1/J1トランシーバ付き、逆多重イーサネットマッパ

最大4つのT1またはE1ラインでイーサネットパケットを伝送するためのアプリケーション設計を大幅に簡素化


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

DS33R41は、信頼性の高いバランス型の、プログラマブル逆多重化によって、4つのインタリーブされたT1/E1/J1ラインによる伝送用にHDLCまたはX.86 (LAPS)にMACフレームをカプセル化して、10/100 Ethernet LANセグメントを構築します。4個の内蔵T1/E1/J1トランシーバは、フレーム/ラインインタフェース機能を備えています。

このデバイスは、最高の線路速度転送能力でパケットの蓄積および転送を実行します。内蔵の認定情報速度(CIR)コントローラは、512kbps単位で最高ライン速度まで分割帯域幅割当てを行います。

DS33R41:ファンクションダイアグラム DS33R41:ファンクションダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • 自動フロー制御付き、10/100 IEEE 802.3イーサネットMAC (MIIおよびRMII)ハーフ/フルデュープレクス
  • 内蔵フレーマとLIUを通じて、4つのT1/E1/J1ラインによるレイヤ1の逆多重化
  • 最高7.75msの遅延差をサポート
  • 最大4つのT1/E1/J1リンクによる総帯域幅
  • OAM対応のT1/E1信号処理能力
  • プログラマブルなFCSおよびインタフレーム挿入によってHDLC/LAPSをカプセル化
  • CIRコントローラにより512kbps増分単位で割当て
  • プログラマブルBERT
  • 外付け16MB、100MHzのSDRAMバッファリング
  • パラレルマイクロプロセッサインタフェース
  • 1.8V、3.3V電源
  • IEEE 1149.1 JTAGに対応

アプリケーション/用途

  • ボンデッドトランスペアレントLANサービス
  • T1/E1/J1上イーサネット伝送
  • LAN拡張

技術資料

アプリケーションノート 4059 DS33R41マルチチップモジュールのBSDLテスト
チュートリアル 3849 Ethernet-over-PDHテクノロジの概要

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: DS33R41.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

ツールおよびモデル

  • DS33R41 IBISモデル
  • CAD Symbols and Footprints

  • DS33R41
  • DS33R41+
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX5871
    16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

    • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
    • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
    • 高い柔軟性と設定自由度


    種類 ID PDF タイトル
    アプリケーションノート 4059 DS33R41マルチチップモジュールのBSDLテスト
    チュートリアル 3849 Ethernet-over-PDHテクノロジの概要