DS26521DK

シングルT1/E1/J1トランシーバのデザインキット


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

DS26521DKは、T1/E1/J1シングルチップトランシーバ(SCT)のDS26521用の使いやすい評価キットです。DS26521DKはスタンドアロンシステムとして用いられるように設計されています。このボードは、トランシーバ、トランス、終端抵抗、設定スイッチ、ネットワークコネクタ、マイクロプロセッサ、およびRS-232コネクタを搭載しています。搭載されたプロセッサとダラスのChipViewソフトウェアによって、Windows®ベースのPCからコンフィギュレーションレジスタとステータスレジスタにポイントアンドクリックアクセスすることができます。搭載された複数のLEDは、複数のクロックと信号経路構成のほかに、受信ロスオブシグナルと割込みステータスも表示します。

主な特長

  • T1/E1/J1 SCTのDS26521の主要機能を検証
  • トランシーバ、トランス、および受動終端素子を内蔵
  • 75Ω E1対応のBNC接続
  • 120Ω E1および100Ω T1対応のRJ48コネクタ
  • 搭載プロセッサおよびChipViewソフトウェアによって、DS26521のレジスタセットにポイントアンドクリックアクセス可能
  • トライステート制御付きのアクセス可能なアドレス/データバスによって外部プロセッサとのインタフェースが可能
  • 外部データのソース/シンク用に機器側のすべてのフレーマ端子に容易にアクセス可能
  • 複数のLEDによってロスオブシグナルおよび割込みスタータスを表示
  • 読みやすいシルクスクリーンラベルによってあらゆるコネクタ、ジャンパ、およびLEDに関する信号を識別
  • アプリケーション/用途

    • チャネルバンク
    • チャネルサービスユニット(CSU)
    • データサービスユニット(DSU)
    • マルチプレクサ
    • ルータ
    • スイッチ
    • T1/E1試験装置

    品質および環境データ

    信頼性レポートをリクエスト: DS26521DK 
    鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

    その他リソース

    サポートファイル:DS26521DKのサポートファイル (English only)
    デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX5871
    16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

    • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
    • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
    • 高い柔軟性と設定自由度