DS2165Q

16/24/32kbps ADPCMプロセッサ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

ADPCMプロセッサチップのDS2165は、3種類のレートで適応差分パルスコード変調(ADPCM)音声圧縮を行なうよう最適化された、専用のディジタル信号処理(DSP)チップです。このチップは、プログラムにより、64kbpsの音声データを32kbps、24kbps、または16kbpsのいずれかに圧縮したり、32kbps、24kbps、または16kbpsのいずれかの音声データを64kbpsに伸張することができます。32kbpsへの圧縮は、CCITT勧告G.721 (1986年7月)とANSI文書T1.301 (1987年4月)で規定されたアルゴリズムに従います。24kbpsへの圧縮は、ANSI文書T1.303に従います。16kpbsへの圧縮は、ダラスセミコンダクタが開発した独自アルゴリズムに従います。DS2165では、圧縮アルゴリズムを実行中に切り換えることができます。そのため、ユーザは利用帯域幅をダイナミックかつ最大限に活用できます。
DS2165、DS2165Q:ブロックダイアグラム DS2165、DS2165Q:ブロックダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • 64kbpsのPCM音声を32kbps、24kbps、または16kbpsのいずれかに圧縮、もしくは32kbps、24kbps、または16kbpsのいずれかのPCM音声を64kbpsに伸張
  • 完全に独立したデュアルチャネル構成 ; デバイスは、プログラムにより下記のいずれかを実行可能
    • 2つの伸張のみ
    • 2つの圧縮のみ
    • 1拡大と1圧縮
  • combo-codecデバイスと直接相互接続
  • 入出力間の遅延が375µs以下
  • 簡単なシリアルポートを用いてデバイスを設定
  • 内蔵のタイムスロット割当て回路(TSAC)機能による、各種タイムスロットでのデータ入出力
  • チャネル対応の信号をサポート
  • 各チャネルを独立にアイドル状態またはバイパス可能
  • ホストプロセッサが不要のハードウェアモード ; 音声保存アプリケーションに最適
  • DS2167 ADPCMプロセッサチップに遡及対応
  • 単一+5V電源 ; 低電力CMOS技術
  • 28ピンPLCC
  • 3V動作バージョンが利用可能(DS2165QL)

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: DS2165Q 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX5871
16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

  • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
  • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
  • 高い柔軟性と設定自由度