先頭に戻る

T1/J1ラインインタフェースユニットデザインキット

製品の詳細

主な特長

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 複数パーツ評価用のPLCC 28ピンソケット
  • LIU用バンタムコネクタとRJ48コネクタ、トランス、受動終端
  • 複数のトランスを評価するための、TTIPとTRING用の2個の独立した制御可能な送信経路
  • 外部データソース/シンク、または外部リモートループバック用の機器側コネクタ
  • T1水晶発振器搭載
  • ソフトウェアモードアクセス用の8051マイクロプロセッサ搭載
  • ファームウェア開発時用の、CS、SCLK、SDI、SDOへのコネクタアクセス
  • DS2149とDS21349のLIUサポート用の、VCCピンとIOピンの5Vと3.3Vを制御可能

アプリケーション/用途

説明

DS2149DK/DS21349DKは、T1/J1ラインインタフェースユニット(LIU)の DS2149とDS21349用の完全集積化設計キットです。これは、デバイス動作のハードウェアとソフトウェアモードも含む、すべての動作モードでのデバイスの評価に必要な回路を内蔵しています。

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。