DS2149

5V、T1/J1ラインインタフェースユニット

短距離および長距離アプリケーション用完全5V、T1ラインインタフェースユニット(LIU)


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

DS2149は、短距離と長距離アプリケーション用の完全なT1ラインインタフェースユニット(LIU)です。受信感度は、受信信号に合せて自動的に調整され、-18dB、-26dB、または-36dBに制限できます。このデバイスは、必要なDSX-1ラインビルドアウトまたは0dB、-7.5dB、-15dB、および-22.5dBのCSUラインビルドアウトを生成できます。水晶振動子不要の内蔵ジッタアッテネータには、1.544MHzの基準クロックが必要です。ジッタアッテネータFIFOは、32ビットまたは128ビットの深さに対して選択でき、送信または受信データ経路のいずれかに設置できます。DS2149は、ループバックおよびQRSSパターンの発生と検出などの診断機能を備えています。また、このデバイスは、AT&T 62411で規定された帯域内ループアップとループダウンコードの生成と検出を行うことができます。このデバイスは、シリアルインタフェースを使用した制御用やハードウェアモード用に設定できます。さらに、このデバイスは、ANSI T1.102-1999、ANSI T1.403-1999、ANSI T1.408、およびAT&T 62411など、最新のT1仕様のすべてに完全に対応しています。
DS2149:ブロックダイアグラム DS2149:ブロックダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • 完全集積化ラインインタフェースユニット(LIU)
  • LXT362とピンコンパチブル
  • 長距離と短距離の両方をサポート
  • 水晶振動子不要のジッタアッテネータ
  • 送信経路または受信経路に対してプログラマブルなジッタアッテネータ
  • ANSI T1.102、T1.403、T1.408、およびAT&T 62411に準拠
  • 可能受信感度0dB~-36dB、最長6000フィート、0.63mm (22AWG)ケーブルでデバイス動作可能
  • 短距離アプリケーションに対する5個のラインビルドアウト設定値
  • 0dB~-22.5dBの4個のCSUフィルタ
  • ドライバ異常、モニタオープン、ロスオブシグナルの各出力を備えた送信/受信性能モニタ
  • バイポーラまたはNRZインタフェース
  • プログラマブルB8ZSエンコーダ/デコーダ
  • QRSSパターン発生器/検出器
  • ローカル、リモート、およびアナログの各ループバック
  • 帯域内ループアップ/ループダウンコードの生成と検出
  • シリアルインタフェースによって制御レジスタにアクセス可能
  • アプリケーション/用途

    • チャネルバンク
    • チャネルサービスユニット(CSU)
    • データサービスユニット(DSU)
    • マルチプレクサ
    • ルータ/スイッチ
    • ルータ/スイッチ
    • T1/E1試験装置

    技術資料

    アプリケーションノート 382 J1 Japanese Standards
    アプリケーションノート 370 Using RCLK in a BITS/SSU Application
    アプリケーションノート 351 T1/E1 and T3/E3 Transformer Selection Guide
    アプリケーションノート 324 T1/E1 Network Interface Design

    品質および環境データ

    製品の信頼性レポート: DS2149.pdf 
    鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

    CAD Symbols and Footprints

  • DS2149Q+
  • DS2149Q+T&R
  • DS2149QN+
  • DS2149QN+T&R
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX5871
    16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

    • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
    • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
    • 高い柔軟性と設定自由度


    種類 ID PDF タイトル
    アプリケーションノート 382 J1 Japanese Standards
    アプリケーションノート 370 Using RCLK in a BITS/SSU Application
    アプリケーションノート 351 T1/E1 and T3/E3 Transformer Selection Guide
    アプリケーションノート 324 T1/E1 Network Interface Design