MAX6163

高精度、マイクロパワー、低ドロップアウト、大出力電流、8ピンSO電圧リファレンス


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX6161~MAX6168は、高精度、低ドロップアウト、超低電力の電圧リファレンスです。これらの3端子デバイスは、(VOUT + 200mV)~12.6Vの入力電圧範囲で動作し、出力電圧として1.25V、1.8V、2.048V、2.5V、3V、4.096V、4.5V、および5Vのオプションが提供されます。これらのデバイスは、マキシム独自の曲率補正回路とレーザトリミングされた薄膜抵抗器を備えているため、温度係数が5ppm/℃ (max)ときわめて低く、初期精度は±2mV (max)です。各仕様は、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)で保証されています。

MAX6161~MAX6168は、標準の消費電流がわずか100µAで、5mAのソース電流(MAX6161では4mA)または2mAのシンク電流を負荷に供給することができます。電流を浪費し外付け抵抗器を必要とする従来のシャントモード(2端子)リファレンスと異なり、これらのデバイスは、消費電流が電源電圧にほとんど無関係(変動8µA/V)で、外付け抵抗器が不要です。そのうえ、これらのデバイスは内部で補償されているため、外付け補償コンデンサが不要です。外付け補償コンデンサを排除することで、スペース重視のアプリケーションで貴重な基板面積が節約されます。ドロップアウト電圧が小さく、消費電流が電源に関係なくきわめて小さいため、これらのデバイスはバッテリ駆動の高性能、低電圧システムに最適です。

MAX6161~MAX6168は、8ピンSOパッケージで提供されます。

主な特長

  • 初期精度:±2mV (max)
  • 温度係数:5ppm/℃ (max)
  • ソース電流:5mA (0.9mV/mA時)
  • シンク電流:2mA (2.5mV/mA時)
  • 1µF容量負荷で安定
  • 外付けコンデンサ不要
  • 自己消費電流:100µA (typ)
  • ドロップアウト電圧(負荷電流1mA時):200mV (max)
  • 出力電圧オプション:1.25V、1.8V、2.048V、2.5V、3V、4.096V、4.5V、5V

アプリケーション/用途

  • A/Dコンバータ
  • 携帯電話
  • ノートブックコンピュータ
  • PDA、GPS、DMM
  • ポータブルバッテリ駆動システム
  • 高精度3V/5Vシステム

Pricing Notes:
This pricing is BUDGETARY, for comparing similar parts. Prices are in U.S. dollars and subject to change. Quantity pricing may vary substantially and international prices may differ due to local duties, taxes, fees, and exchange rates. For volume-specific and version-specific prices and delivery, please see the price and availability page or contact an authorized distributor.
製品の信頼性レポート: MAX6163.pdf 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース