先頭に戻る
/content/maximintegrated/ja/products/analog/voltage-references

マキシムは、業界最高レベルのシャントおよびシリーズ電圧リファレンスICのポートフォリオを提供しています。マキシムは3ピンSC70およびチップスケールパッケージのシリーズリファレンスを開発した最初のメーカーです。マキシムの数百に及ぶ電圧リファレンスには高精度、低電力、低ノイズ、および車載グレード製品があります。

技術資料

*必須

Technical Documentation

技術資料

表示: 10 / 先頭に戻る 100 結果 全て表示 結果

型番 タイトル ドキュメントの種類 日付

注目のブログ

注目のビデオ


メーターバーからバンドギャップ電圧リファレンスまで
27:00 June 13, 2016


セラミックパッケージの低ノイズ、高精度シリーズ電圧リファレンスのMAX6079/MAX6279/MAX6226の紹介
3:03 September 14, 2018


スマートフォースセンサーのヒューマンマシンインタフェース(HMI)のデモ(日本語字幕)
2:58 April 27, 2016


低電力、低ドリフト、低ノイズ電圧リファレンスのMAX6078Aのご紹介
2:23 November 06, 2019

注目製品

LM4050 複数の逆方向ブレークダウン電圧付き、50ppm/℃、高精度、超低消費電力シャント電圧リファレンス

LM4050 複数の逆方向ブレークダウン電圧付き、50ppm/℃、高精度、超低消費電力シャント電圧リファレンス

LM4050/LM4051は、高精度、2端子、シャントモード、バンドギャップ電圧リファレンスで、1.225V、2.048V、2.500V、3.000V、3.3V、4.096V、および5.000Vの固定逆方向ブレークダウン電圧が用意されています。LM4050/LM4051はスペースの余裕がないアプリケーションに最適で、SOT23表面実装パッケージに比べ50%小型の超小型3ピンSC70表面実装パッケージ(1.8mm x 1.8mm)で提供されます(SOT23バージョンも提供)。

また、レーザトリムド抵抗により、卓越した初期精度を実現。50ppm/℃の温度係数で、これらのデバイスは0.1%~0.5%にわたる3グレードの初期精度で提供されます。さらに、LM4050/LM4051は低ダイナミックインピーダンスで60µA~15mAのシャント電流能力を備え、広範囲の動作温度/電流にわたって安定した逆方向ブレークダウン電圧精度を実現しています。また、LM4050/LM4051は動作安定のための外部コンデンサは不要であり、あらゆる容量性負荷に対して安定です。

LM4050/LM4051の仕様は、-40℃~+125℃の温度範囲で保証されています。
LM4051 複数の逆方向ブレークダウン電圧付き、50ppm/℃、高精度、超低消費電力シャント電圧リファレンス

LM4051 複数の逆方向ブレークダウン電圧付き、50ppm/℃、高精度、超低消費電力シャント電圧リファレンス

LM4050/LM4051は、高精度、2端子、シャントモード、バンドギャップ電圧リファレンスで、1.225V、2.048V、2.500V、3.000V、3.3V、4.096V、および5.000Vの固定逆方向ブレークダウン電圧が用意されています。LM4050/LM4051はスペースの余裕がないアプリケーションに最適で、SOT23表面実装パッケージに比べ50%小型の超小型3ピンSC70表面実装パッケージ(1.8mm x 1.8mm)で提供されます(SOT23バージョンも提供)。

また、レーザトリムド抵抗により、卓越した初期精度を実現。50ppm/℃の温度係数で、これらのデバイスは0.1%~0.5%にわたる3グレードの初期精度で提供されます。さらに、LM4050/LM4051は低ダイナミックインピーダンスで60µA~15mAのシャント電流能力を備え、広範囲の動作温度/電流にわたって安定した逆方向ブレークダウン電圧精度を実現しています。また、LM4050/LM4051は動作安定のための外部コンデンサは不要であり、あらゆる容量性負荷に対して安定です。

LM4050/LM4051の仕様は、-40℃~+125℃の温度範囲で保証されています。
MAX6078A 低電力、低ドリフト、低ノイズ電圧リファレンス

MAX6078A 低電力、低ドリフト、低ノイズ電圧リファレンス

高精度電圧リファレンスファミリのMAX6078は、低ドリフトおよび低ノイズをわずか15µA (max)の最大消費電流で提供します。低周波数ノイズは12µVPP以下(2.5V出力電圧オプション)で、出力電圧の温度係数は10ppm/℃以下です。

リファレンス出力は最大3mAの負荷電流をシンクおよびソース可能で、最上位グレードは0.04%の初期精度を提供します。低ドリフトと低ノイズの仕様によりシステム精度の強化が可能になるため、これらのデバイスは高精度産業用アプリケーションに最適です。ノイズ低減(NR)入力端子は、外付けコンデンサを接続して広帯域ノイズを低減することが可能です。利用可能な出力電圧には、1.25V、2.048V、2.5V、3.0V、3.3V、4.096V、5.0Vがあります。

小型、6ピンWLPおよび小型、8ピンTDFN-EPパッケージは、回路基板面積が限られているシステムに最適です。動作入力電圧は2.3V~5.5Vの範囲が可能です。-55℃~+125℃の拡張工業用温度範囲にわたって動作が保証されています。

携帯アプリ

MAX6078B 低電力、低ドリフト、低ノイズ電圧リファレンス

MAX6078B 低電力、低ドリフト、低ノイズ電圧リファレンス

高精度電圧リファレンスファミリのMAX6078は、低ドリフトおよび低ノイズをわずか15µA (max)の最大消費電流で提供します。低周波数ノイズは12µVPP以下(2.5V出力電圧オプション)で、出力電圧の温度係数は10ppm/℃以下です。

リファレンス出力は最大3mAの負荷電流をシンクおよびソース可能で、最上位グレードは0.04%の初期精度を提供します。低ドリフトと低ノイズの仕様によりシステム精度の強化が可能になるため、これらのデバイスは高精度産業用アプリケーションに最適です。ノイズ低減(NR)入力端子は、外付けコンデンサを接続して広帯域ノイズを低減することが可能です。利用可能な出力電圧には、1.25V、2.048V、2.5V、3.0V、3.3V、4.096V、5.0Vがあります。

小型、6ピンWLPおよび小型、8ピンTDFN-EPパッケージは、回路基板面積が限られているシステムに最適です。動作入力電圧は2.3V~5.5Vの範囲が可能です。-55℃~+125℃の拡張工業用温度範囲にわたって動作が保証されています。

携帯アプリ

MAX6070 低ノイズ、高精度シリーズ電圧リファレンス

MAX6070 低ノイズ、高精度シリーズ電圧リファレンス

MAX6070/MAX6071は、超低ノイズおよび低ドリフトの電圧リファレンスを小型6ピンSOT23パッケージで提供します。これらのデバイスは、出力電圧2.5Vでの1/fノイズ電圧がわずか4.8µVP-Pで、温度ドリフトは6ppm/℃ (max、Aグレード)です。MAX6070/MAX6071の消費電流は150µAで、最大10mAの負荷電流をソース/シンク可能です。低ドリフトと低ノイズの仕様によってシステム精度の強化が可能になるため、これらのデバイスは高精度産業用アプリケーションに最適です。MAX6070には広帯域アプリケーション用のノイズフィルタのオプションがあります。
これらのデバイスは、6ピンSOT23パッケージで提供され、-40℃~+125℃の拡張工業用温度範囲での動作が保証されています。2.5Vのオプションは、0.78mm x 1.41mmの6ピンウェハレベルパッケージ(WLP)で提供されています。
MAX6071 低ノイズ、高精度シリーズ電圧リファレンス

MAX6071 低ノイズ、高精度シリーズ電圧リファレンス

MAX6070/MAX6071は、超低ノイズおよび低ドリフトの電圧リファレンスを小型6ピンSOT23パッケージで提供します。これらのデバイスは、出力電圧2.5Vでの1/fノイズ電圧がわずか4.8µVP-Pで、温度ドリフトは6ppm/℃ (max、Aグレード)です。MAX6070/MAX6071の消費電流は150µAで、最大10mAの負荷電流をソース/シンク可能です。低ドリフトと低ノイズの仕様によってシステム精度の強化が可能になるため、これらのデバイスは高精度産業用アプリケーションに最適です。MAX6070には広帯域アプリケーション用のノイズフィルタのオプションがあります。
これらのデバイスは、6ピンSOT23パッケージで提供され、-40℃~+125℃の拡張工業用温度範囲での動作が保証されています。2.5Vのオプションは、0.78mm x 1.41mmの6ピンウェハレベルパッケージ(WLP)で提供されています。
MAX6226 超高精度、超低ノイズ、シリーズ電圧リファレンス

MAX6226 超高精度、超低ノイズ、シリーズ電圧リファレンス

MAX6226は、超低ノイズ、高精度、低ドロップアウトの電圧リファレンスです。この電圧リファレンスファミリは、曲率補正回路と高安定度レーザトリミングの薄膜抵抗器を備えているため、3ppm/℃ (max)の温度係数と±0.02% (max)の優れた初期精度を実現します。マキシム独自の低ノイズリファレンス方式は、フリッカノイズが1.45µVP-Pと小さいうえ、広帯域ノイズも75nV/√Hz (出力2.5V)と小さく、低ノイズリファレンスに通常見られる消費電流の増加はありません。0.1µFのコンデンサをノイズ低減ピンに接続することによって、広帯域ノイズを45nV/√Hzに低減しAC電源除去比を改善することができます。シリーズモードリファレンスのMAX6226は、2.7V~12.6Vの広い電源電圧範囲で動作し、最大10mA のシンクおよびソース電流に対してそれぞれ0.25Ωおよび0.05Ω以下のロードレギュレーション仕様が保証されています。これらのデバイスは、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲で提供されています。

MAX6226は、標準消費電流が380µAで、出力電圧が2.5Vです。また、MAX6226は、最低200mVのドロップアウト電圧を実現しています。電流を浪費し外付け抵抗を必要とする従来のシャントモード(2端子)リファレンスと異なり、MAX6226は消費電流が電源電圧とほとんど無関係で、外付け抵抗器が不要です。MAX6226は、0.1µF~10µFの負荷容量で安定し、8ピンセラミックパッケージで提供されます。

MAX6033 高精度、低ドロップアウトSOT23シリーズ電圧リファレンス

MAX6033 高精度、低ドロップアウトSOT23シリーズ電圧リファレンス

超高精度、シリーズ電圧リファレンスのMAX6033は、温度係数が7ppm/℃ (max)と低く、低ドロップアウト電圧(200mV、max)です。低温度ドリフトと低ノイズのMAX6033は、高分解能のADCやDACに最適です。

このデバイスでは、低ノイズ性能と高精度を得るためにバンドギャップ技術を採用しています。レーザトリミングの高安定度薄膜抵抗器を使用してポストパッケージトリミングを行なうことで、優れた初期精度(±0.04%、max)が保証されます。MAX6033は、消費電流がわずか40µAで、最大15mAの電流を出力します。シリーズモードリファレンスでは、システム電力が節約され、2端子シャントリファレンスに比べるて外付け部品が最小限で済みます。

MAX6033は、小型6ピンSOT23パッケージで提供され、自動車用温度範囲(-40℃~+125℃)での動作が保証されています。
MAX6025B 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6025B 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6050A 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6050A 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6021B 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6021B 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6030 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6030 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6050B 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6050B 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6041 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6041 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6041A 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6041A 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6012 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6012A 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012A 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6025 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6025 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6041B 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6041B 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6012B 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012B 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6045A 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6045A 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6045B 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6045B 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6021 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6021 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6045 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6045 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6025A 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6025A 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6050 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6050 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6021A 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6021A 高精度、低電力、低ドロップアウト、3ピンSOT23、電圧リファレンス

MAX6012/MAX6021/MAX6025/MAX6030/MAX6041/MAX6045/MAX6050は小型3ピンSOT23表面実装パッケージの、高精度、低ドロップアウト、マイクロパワー電圧リファレンスです。これらのデバイスは、歪み補正回路、レーザトリミング薄型フィルム抵抗という独自の機能を備え、デバイスは15ppm/℃以下の低い温度係数と0.2%よりも優れた初期精度性能を備えています。これらのデバイスは、動作温度範囲の広いものも提供できます。

これらのシリーズモード電圧リファレンスは、自己消費電流がわずか27µA、負荷電流が500µAまでシンクあるいはソースすることができます。従来型のシャントモード(2端子)リファレンスでは消費電流が多いばかりでなく外部抵抗を必要としていましたが、MAX6012ファミリでは電流は基本的に電源電圧とは無関係(電源電圧の変動に対し、わずか0.8µA/Vの変化率)となっており、外部抵抗は不要となります。さらにこれらのデバイスでは補償回路が内蔵となっていますので外部補償コンデンサは不要であるほか、負荷容量も最大2.2nFと安定しています。補償コンデンサの外付けが不要なことから、スペースの節減を重要視するアプリケーションで貴重な回路基板面積が確保できます。低ドロップアウト電圧、および電源電圧とは無関係の低消費電流により、バッテリ駆動型の低電圧システムに最適となっています。
MAX6195 高精度、超低消費電力、低ドロップアウト電圧リファレンス

MAX6195 高精度、超低消費電力、低ドロップアウト電圧リファレンス

MAX6190~MAX6195/MAX6198高精度、マイクロパワー、低ドロップアウト電圧リファレンスは、独自の歪み率補正回路とレーザトリム済みの高精密薄膜抵抗の採用によって、高い初期精度と非常に低い温度係数性能を提供します。

これらのシリーズモードバンドギャップ電圧リファレンスの消費電流は最大で僅か35µAと非常に低く抑えられているので、バッテリ駆動の計測機器に理想的です。この各デバイスの消費電流は、入力電圧変動による影響を実質的に受けません。負荷レギュレーション仕様は、500µAまでのソースおよびシンク電流に対して保証されています。これらのデバイスは内部補償が行なわれているので、高速セトリング性能が要求されるアプリケーションに理想的で、2.2nFまでの容量性負荷に対して安定性を維持します。
MAX6192 高精度、超低消費電力、低ドロップアウト電圧リファレンス

MAX6192 高精度、超低消費電力、低ドロップアウト電圧リファレンス

MAX6190~MAX6195/MAX6198高精度、マイクロパワー、低ドロップアウト電圧リファレンスは、独自の歪み率補正回路とレーザトリム済みの高精密薄膜抵抗の採用によって、高い初期精度と非常に低い温度係数性能を提供します。

これらのシリーズモードバンドギャップ電圧リファレンスの消費電流は最大で僅か35µAと非常に低く抑えられているので、バッテリ駆動の計測機器に理想的です。この各デバイスの消費電流は、入力電圧変動による影響を実質的に受けません。負荷レギュレーション仕様は、500µAまでのソースおよびシンク電流に対して保証されています。これらのデバイスは内部補償が行なわれているので、高速セトリング性能が要求されるアプリケーションに理想的で、2.2nFまでの容量性負荷に対して安定性を維持します。
MAX6193 高精度、超低消費電力、低ドロップアウト電圧リファレンス

MAX6193 高精度、超低消費電力、低ドロップアウト電圧リファレンス

MAX6190~MAX6195/MAX6198高精度、マイクロパワー、低ドロップアウト電圧リファレンスは、独自の歪み率補正回路とレーザトリム済みの高精密薄膜抵抗の採用によって、高い初期精度と非常に低い温度係数性能を提供します。

これらのシリーズモードバンドギャップ電圧リファレンスの消費電流は最大で僅か35µAと非常に低く抑えられているので、バッテリ駆動の計測機器に理想的です。この各デバイスの消費電流は、入力電圧変動による影響を実質的に受けません。負荷レギュレーション仕様は、500µAまでのソースおよびシンク電流に対して保証されています。これらのデバイスは内部補償が行なわれているので、高速セトリング性能が要求されるアプリケーションに理想的で、2.2nFまでの容量性負荷に対して安定性を維持します。

リファレンスデザイン

MAXREFDES38#: ECT/EPT Current Fault Sensor

The MAXREFDES38# reference design is a low-power, 16-bit, high-accuracy analog front-end (AFE) f...

MAXREFDES60#:16ビットアナログ出力Micro PLC

リファレンスデザインのMAXREFDES60#は、Industry 4.0時代の到来を告げます。この設計は、次世代の超小型プログラマブルロジックコントローラ用の完全なアナログ出力を備え、より高...

Petaluma (MAXREFDES30#): 8-Channel Simultaneous-Sampling Analog Front End

Petaluma (MAXREFDES30#) subsystem reference design is a low-cost, high-accuracy, 16-bit, 8-chann...

Carmel (MAXREFDES18#): High Accuracy Analog Current/Voltage Output

The Carmel (MAXREFDES18#) subsystem reference design is an isolated, high-accuracy analog curren...

Modern Thermocouples and a High-Resolution Delta-Sigma ADC Enable High-Precision Temperature Measurement

標準化された熱電対および白金抵抗温度検出器を使用する高性能温度測定について解説します。

±10Vアプリケーションで使用される3V DAC

このアプリケーションノートは、産業用システムでよく使われる±10V出力を実現するための3V DACの使用、そしてレベルシフトと増幅について説明します。

Using a DS1802 Pushbutton Digital Potentiometer to Create an Audio Preamplifier with Attenuator

This application note describes using the DS1802 pushbutton digital potentiometer to build an ad...