先頭に戻る

SC70、ゲインおよびフィルタ内蔵3Vビデオアンプ

自動車用温度範囲、小型パッケージ、3Vビデオアンプ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 内部ゲイン:5.2V/V
  • 2極再生フィルタ
  • グランドを含む入力範囲
  • DC結合入力/出力
  • レイルトゥレイル出力
  • 低自己消費電流:3.7mA
  • シャットダウン電流:0.4µA

アプリケーション/用途

  • デジタルスチルカメラ
  • デジタルビデオカメラ
  • 携帯電話

説明

高速アンプおよびフィルタのMAX9680は、ポータブルビデオアプリケーション用に最適化されています。この製品は、特に0.4VP-Pビデオ出力のアプリケーションプロセッサに組み込むビデオエンコーダに対応するように設計されています。入力コモンモード範囲は、GNDを含んでいるため、ビデオDAC (ディジタル-アナログコンバータ)をMAX9680にDC結合することができます。

出力は、標準逆終端ビデオ負荷(150Ω)で、GNDの2mV、および20mV~VDD以内を変動します。内部レベルシフト回路によって、出力が0V入力で飽和するのが防止されるため、コモンビデオ回路におけるシンクパルスのクリッピングも防止されます。そのため、MAX9680はビデオ負荷へのDC結合に最適です。

MAX9680は、内部ゲイン設定抵抗(G = 5.2V/V)と2極ビデオ-DAC再生フィルタを内蔵することによって、スペース重視のアプリケーション用に最適化されています。

シャットダウンモードでは、自己消費電流は0.4µA以下に低減され、劇的に消費電力を削減し、バッテリ寿命を延ばします。MAX9680は、小型2mm x 2.1mmの6ピンSC70パッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX9680:ブロックダイアグラム MAX9680:ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。