先頭に戻る

MAX9502G/MAX9502Mの評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX9502G/MAX9502Mの評価キット May 08, 2007

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 小型5ピンSC70パッケージおよび6ピンµDFNパッケージで提供
  • DC結合I/Oによって基板面積を節減
  • 4ポールチェビシェフフィルタ
  • 通過帯域:5.5MHz
  • 減衰:55dB (27MHz時)
  • 低電流シャットダウンモード:10nA
  • 単一電源動作:2.5V~3.6V
  • プリセットされた利得:+6dB (MAX9502G)、+12dB (MAX9502M)
  • MAX9502Mを評価(ICの交換が必要)
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 車載用
  • デジタルスチルカメラ
  • 携帯電話
  • ポータブルビデオ
  • セキュリティ/CCTV

説明

MAX9502Gのデュアルパッケージ評価キット(EVキット)は、µDFNおよびSC70パッケージで提供されるビデオフィルタアンプのMAX9502GまたはMAX9502Mの性能評価に便利なプラットフォームです。MAX9502GのデュアルパッケージEVキットの入力/出力(I/O)信号はDC結合されています。MAX9502GのデュアルパッケージEVキットの入力端子は75Ωの接地終端を、出力は75Ω逆終端抵抗を備えています。MAX9502Gの利得は2V/V (+6dB)、MAX9502Mの利得は4V/V (+12dB)です。MAX9502GのデュアルパッケージEVキットは、2.5V~3.6Vの単一電源で動作します。

MAX9502G/MAX9502Mは、最低2.5Vの電源電圧で動作する小型、低電力、ビデオフィルタアンプです。フィルタの通過帯域は、標準解像度ビデオに設定されています。小型サイズと低い最低電源電圧のため、MAX9502G/MAX9502Mは携帯電話、ディジタルスチルカメラ、およびカムコーダなどのポータブルアプリケーションに最適です。

MAX9502G/MAX9502Mには結合コンデンサまたはバイアス回路は不要であるため、超小型実装面積のソリューションが実現します。MAX9502G/MAX9502Mの入力をビデオディジタル-アナログコンバータ(DAC)の出力にじかに接続することができます。再生フィルタは4次チェビシェフフィルタとして実装され、5.5MHzまで平坦な+1dB通過帯域、8MHzで3dBの減衰、27MHzで55dBの減衰を備えています。

出力アンプは、150Ωの接地負荷で2VP-Pビデオ信号を駆動します。出力信号はレベルシフトされているため、シンクチップはグランドレベルより110mV (typ)高くなっています。

MAX9502G/MAX9502Mの自己消費電流は、わずか5.3mAです。アクティブローシャットダウンモードでは、消費電流は10nAに低減します。MAX9502GのデュアルパッケージEVキットは、小型6ピンµDFNパッケージ(1mm x 1.5mm x 0.72mm)および5ピンSC70パッケージ(2mm x 2.2mm x 0.95mm)で提供されます。このデバイスは、-40℃~+85℃の拡張温度範囲と-40℃~+125℃の自動車用温度範囲での動作が保証されています。また、ICを置き換えると、MAX9502GのデュアルパッケージEVキットを使ってMAX9502Mも評価することもできます。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX9502G/MAX9502Mの評価キット May 08, 2007

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。