MAX9249

LVDSシステムインタフェース、ギガビットマルチメディアシリアルリンクシリアライザ

デジタルビデオアプリケーションに最適な、LVDSインタフェース、制御チャネル内蔵、シングルリンクシリアライザ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

LVDSシステムインタフェースを備えたシリアライザのMAX9249は、マキシムのギガビットマルチメディアシリアルリンク(GMSL)技術を採用しています。シリアライザのMAX9249は、任意のGMSLデシリアライザとペアになっており、高速ビデオ、オーディオ、および制御データの同時伝送の完全なデジタルシリアルリンクを構成します。

MAX9249は、15mのシールドを備えたツイストペア(STP)ケーブル用では最大の2.5Gbpsのシリアルペイロードのデータレートを可能にします。このシリアライザは、104MHz (3チャネルLVDS)または78MHz (4チャネルLVDS)の最大クロックレートで動作します。このシリアルリンクは、24ビットカラーのQVGA (320 x 240)からWXGA (1280 x 800)のディスプレイパネルをサポートしています。

3チャネルモードは、3レーンのLVDSデータ(21ビット)、UART制御信号、および3つのオーディオ信号を処理します。4チャネルモードは、4レーンのLVDSデータ(28ビット)、UART制御信号、3つのオーディオ信号、および/または最大3つの補助パラレル入力を処理します。3つのオーディオ入力は、標準的なI²Sインタフェースを構成し、8kHz~192kHzのサンプリングレートと4~32ビットのオーディオワード長をサポートしています。内蔵の制御チャネルは、シリアライザとデシリアライザ間のフルデュープレックスの差動100kbps~1Mbps UARTリンクを構成します。電子制御ユニット(ECU)またはマイクロコントローラ(µC)は、リンクのMAX9249側(通常はビデオディスプレイ用)、リンクのデシリアライザ側(通常は画像検出用)、または両側に配置することができます。また、制御チャネルによって、ECU/µCは、バックライト制御、グレースケールガンマ補正、カメラモジュール、およびタッチスクリーンなどのリモート側ペリフェラルを制御することができます。ペリフェラルとのベースモード通信は、I²CまたはGMSL UART形式のいずれかを使用します。バイパスモードは、カスタムのUART形式を使用したフルデュープレックス通信を可能にします。

MAX9249のシリアライザドライバのプリエンファシスは、GMSLデシリアライザ側のチャネルイコライザとともに、リンク長を延長し、リンクの信頼性を向上させます。シリアルリンクおよびGMSLデシリアライザのパラレル出力上のEMIを低減するために、スペクトラム拡散がMAX9249側で使用可能です。シリアル出力は、ISO 10605およびIEC 61000-4-2のESD保護規格に準拠しています。

MAX9249のコア電源は1.8Vです。I/O電源は1.8V~3.3Vです。MAX9249は、エクスポーズドパッドを備えた48ピンTQFPパッケージ(7mm x 7mm)で提供されます。電気的性能は、-40℃~+105℃の自動車用温度範囲が保証されています。

主な特長

  • 任意のGMSLデシリアライザとペアを構成
  • 8B/10Bラインコーディング内蔵、2.5Gbpsペイロードレート、AC結合のシリアルリンク
  • 24ビットカラーで最大WXGA (1280 x 800)までサポート
  • 8.33MHz~104MHz (3チャネルLVDS)または6.25MHz~78MHz (4チャネルLVDS)入力クロック
  • 4ビット~32ビットのワード長、8kHz~192kHzのI²SオーディオチャネルによってHDオーディオをサポート
  • ハーフ/フルデュープレックス双方向制御チャネル(100kbps~1Mbps)内蔵
  • 割込みによってディスプレイパネル用のタッチスクリーン機能をサポート
  • ペリフェラルに対するリモートエンドI²Cマスター
  • プリエンファシスラインドライバ
  • シリアル出力上の設定可能なスペクトラム拡散によってEMIを低減
  • 自動データレート検出によって「オンザフライ」のデータレート変更が可能
  • 入力クロックのPLLジッタ減衰器
  • シリアルリンクのBER試験用のPRBSジェネレータ内蔵
  • ラインフォルトディテクタによってシリアルリンクのグランドへの短絡、バッテリへの短絡、またはオープンリンクを検出
  • ISO 10605およびIEC 61000-4-2のESD保護
  • 動作温度範囲:-40℃~+105℃
  • 1.8V~3.3V I/O、1.8Vコア、および3.3V LVDS電源
  • 特許出願中

アプリケーション/用途

  • 高解像度車載ナビゲーション
  • メガピクセルカメラシステム
  • 後部座席インフォテイメント

スペックパラメータを参照する: High-Speed Interconnect (Differential Signaling) (120)


Part NumberSignal TypeSignal TypeFunctionsRxTxData Rates
(Mbps)
VSUPPLY
(V)
Package/PinsBudgetary
Price
RxTxSee Notes
MAX9249 LVDSCMLSerializer512500
1.8
3.3
TQFP/48
$5.25 @1k

価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。

MAX9249EVKIT: MAX9249の評価キット

ツールおよびモデル

  • MAX9249 IBISモデルRev 1.8V
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース

    種類 ID タイトル
    評価ボード6714MAX9249EVKIT MAX9249の評価キット