先頭に戻る

RGBコンポーネントビデオ用、3チャネルビデオ再生フィルタ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • RGBビデオ信号用の3チャネルフィルタおよびバッファ
  • 外部同期信号入力
  • NTSC、PAL、およびインタレースSDTV信号に最適なフィルタ応答
  • 阻止帯域減衰:43dB (typ) (27MHzにおいて)
  • 通過帯域リップル:±0.75dB (max) (5MHzにおいて)
  • 出力のブランクレベル電圧:1V未満
  • 各チャネルは2個の150Ωのビデオ負荷を駆動
  • 単一電源電圧:+5V
  • 小型14ピンTSSOPパッケージ

アプリケーション/用途

  • デスクトップビデオエディタ
  • デジタルVCR
  • DVDプレーヤー
  • ゲームコンソール
  • セットトップボックス/HDR

説明

MAX7449は、3チャネルのバッファ付きビデオ再生フィルタで、アンチエイリアス、ディジタル-アナログコンバータ(DAC)スムージングビデオアプリケーションや、アナログビデオがディジタルデータストリームから再生されるアプリケーション(ケーブル/衛星/地上波セットトップボックス、DVDプレーヤ、ハードディスクレコーダ(HDR)、およびパーソナルビデオレコーダ(PVR)など)に最適です。このデバイスは、+5Vの単一電源で動作し、27MHzにおける43dBの阻止帯域減衰特性で、5MHzまでの平坦な通過帯域を備えています。このため、このデバイスは、NTSC、PAL、および標準解像度TV (SDTV)ビデオシステム用に最適となっています。各出力は、2個の標準150Ωのビデオ負荷を駆動することができます。

MAX7449は、コンポーネントRGBビデオ信号を処理します。出力ビデオバッファは、+6dBの固定利得を備えています。この出力ビデオドライバは、外部端子を使ってディセーブルにすることが可能です。

MAX7449は、エクスポーズドパッド付き、14ピンTSSOPパッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。