先頭に戻る

DisplayPort/PCIeパッシブスイッチ

GMCHとPCIe 2.0ソケット/DisplayPortコネクタ間の信号経路設定を行うMAX4928A/MAX4928B

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

データシート DisplayPort/PCIeパッシブスイッチ May 12, 2008
アプリケーションノート New Switch Facilitates DisplayPort/PCIe Switching
アプリケーションノート 適切なCMOSアナログスイッチの選択

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 単一電源電圧:+3.3V
  • PCIe Gen I、Gen II、およびDisplayPortに対応
    • データ速度:5Gbps以上
  • 優れたリターン損失:12dB以上 (2.5GHzの場合)
  • 6組の双方向スイッチペア
    • すべてを単一デバイス内で切替え
  • 低消費電流:800µA (max)
  • 5mm x 11mmの小型56ピンTQFNパッケージ
  • 業界標準のピン配置

アプリケーション/用途

  • デスクトップPC
  • ノートブックPC

説明

高速パッシブスイッチのMAX4928A/MAX4928Bは、デスクトップまたはラップトップPCにおける必要とする2つの方向間でPCI Express® (PCIe)データおよび/またはDisplayPort™信号の経路設定を行います。MAX4928Aは、ATXフォームファクタのデスクトップPCでの使用を目的としているのに対し、MAX4928Bは、BTXフォームファクタでの使用を想定しています。

MAX4928A/MAX4928Bは、6回路の双極/双投(6 x DPDT)スイッチです。MAX4928A/MAX4928Bは、複数の信号経路を切り替えるために1つのディジタル制御入力(SEL)、および各スイッチを所望の状態に保持する1つのラッチ入力(LE)を備えています。

MAX4928A/MAX4928Bは、+3.3V (typ)の単一電源での動作が完全に保証されています。MAX4928A/MAX4928Bは、業界標準5mm x 11mmの56ピンTQFNパッケージで提供されます。いずれのデバイスも、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX4928A、MAX4928B:標準動作回路 MAX4928A、MAX4928B:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

データシート DisplayPort/PCIeパッシブスイッチ May 12, 2008
アプリケーションノート New Switch Facilitates DisplayPort/PCIe Switching
アプリケーションノート 適切なCMOSアナログスイッチの選択

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。