先頭に戻る

クワッド、高速HDMI/DVI 2:1デジタルビデオスイッチ

HDMI/DVIデジタルビデオ切替え用に設計された高速アナログスイッチ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Protocol HDMI
HDMI/DVI
Configuration 2-to-1
# Channels 4
Functions Switch
Normal Position Open/Closed
VSUPPLY (Single) (V) (min) 3
VSUPPLY (Single) (V) (max) 3.6
RON (Ω) (max) 8
Bandwidth (MHz) 2600
Package/Pins TQFN HYBRID/42
Budgetary
Price (See Notes)
2.33
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Protocol HDMI
HDMI/DVI
Configuration 2-to-1
# Channels 4
Functions Switch
Normal Position Open/Closed
VSUPPLY (Single) (V) (min) 3
VSUPPLY (Single) (V) (max) 3.6
RON (Ω) (max) 8
Bandwidth (MHz) 2600
Package/Pins TQFN HYBRID/42
Budgetary
Price (See Notes)
2.33

主な特長

  • 単一電源:+3.0V~+3.6V
  • 低オン抵抗(RON):8Ω (typ)
  • 低オン容量(CON):2.5pF (typ)
  • 低スキュー:20ps (typ)
  • 低消費電流:700µA
  • 超高帯域幅:2.6GHz (typ)
  • 超低挿入損失:0.6dB (typ)
  • MAX4929と対になる高周波デバイス
  • MAX4886とMAX4929によって、完全HDMI/DVI 2:1スイッチを構成
  • 3.5mm x 9.0mmの省スペース42ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • 1000 Base-BX、スイッチング
  • デジタルHDTVスイッチボックス/チューナ
  • デジタルビデオレコーダ
  • HDTVモニタ/レシーバ
  • LVDSスイッチング
  • マルチメディアオーディオ/ビデオスイッチャ
  • ノートブックコンピュータ
  • DVIインタフェース付きサーバ/ルータ
  • ビデオプロジェクタ

説明

高速アナログスイッチのMAX4886はHDMI™/DVI™切替えアプリケーションに最適で、2:1または1:2の切替えが可能です。MAX4886は、RGBおよびクロック信号用に1:2または2:1スイッチの4つの差動ペアを備えています。MAX4886は1つのモニタを2つのディジタルビデオ信号のいずれか1つに接続するか、または1つのHDMI/DVIソースを2つの負荷(シンク)のいずれか1つに接続します。

差動スイッチのMAX4886セットは、ゲートオーバドライブ用の内蔵チャージポンプ付きのnFETアーキテクチャに基づいています。この先進アーキテクチャによって、ディジタル切替え用の優れたリターン損失要件に不可欠な超低容量とオン抵抗が得られます。効率的な内蔵チャージポンプ設計によって、消費電力重視のノートブック設計用の超低自己消費電流が得られます。

MAX4886は、RGBおよびCLKビデオ信号の配信用に8Ω (typ)のオン抵抗と2.5pFのオン容量のスイッチを装備しています。MAX4886は、MAX4929と対になる高周波デバイスです。これらの2つのデバイスを組み合わせると、フル2:1 HDMI/DVI切替え機能が実現します。

MAX4886は省スペース、3.5mm x 9.0mmの42ピンTQFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX4886:ファンクションダイアグラム MAX4886:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。