先頭に戻る

デュアルSCARTコネクタ用、オーディオ/ビデオスイッチ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • ビデオ出力は150Ωを2VP-Pで駆動
  • オーディオ出力は10kΩを3VRMSで駆動
  • クリックレス、ポップレスのオーディオ利得制御および切換え
  • 内蔵クランプおよびバイアスを備えたAC結合のビデオ入力
  • DC結合されたビデオ出力
  • Y/C入力から内部生成されるコンポジットビデオ信号
  • 内蔵ビデオ再生フィルタ性能:-40dB (27MHz)
  • 差動(MAX4397D)またはシングルエンド(MAX4397S)オーディオエンコーダ入力
  • 双方向I/O用の赤/色度スイッチ
  • +5dB~+7dBの範囲でI²CプログラマブルのRGB利得
  • +6dB~-56dBの範囲でI²Cプログラマブルのオーディオ利得制御
  • EN50049-1、IEC 933-1、Canal+、およびBSkyB要件に適合

アプリケーション/用途

  • ケーブルセットトップボックス
  • DVD
  • 衛星セットトップボックス
  • TV
  • VCR

説明

デュアルSCARTスイッチマトリックスのMAX4397は、I²C制御の下でMPEGエンコーダと2つの外付けSCARTコネクタ間でオーディオ/ビデオ信号を配信し、EN50049-1、IEC 933-1、Canal+、およびBSkyB規格の要件に適合します。

ビデオ/オーディオチャネルは、入力ソース選択マルチプレクサ、入力バッファ、および出力バッファを備え、すべての入力を選択した出力に配信することができます。MAX4397Dのオーディオエンコーダ入力は差動DC結合され、またMAX4397Sのオーディオエンコーダ入力はシングルエンドAC結合されています。MAX4397Dのオーディオエンコーダ入力を除き、他の入出力はすべて、予め定められたレベルに設定された内部DCバイアスでAC結合されています。

MAX4397は、赤、緑、および青のコンポーネントビデオ信号に対して1dBステップで+5dB~+7dBの範囲でプログラマブルな利得制御を行います。その他のすべてのビデオ出力は、+6dBの固定利得を備えています。その他の機能として、コンポジットビデオ信号(CVBS)を生成し、RF変調出力を供給する内蔵輝度/色度(Y/C)ミキサと、-1dB~+1dB (100kHz~5.5MHz)のパスバンドリップルを備える内蔵ビデオ再生ローパスフィルタなどがあります。MAX4397のTVオーディオチャネルは、クリックレススイッチングおよび2dBステップの-56dB~+6dBの範囲でプログラマブルなボリューム制御を備えています。また、VCRオーディオ出力は、-6dB、0dB、または+6dBにプログラマブルな利得を備えています。このデバイスは、左右のステレオ入力からモノラルオーディオも生成します。すべてのオーディオドライバは、最小で3.0VRMSの出力を供給します。

MAX4397は標準の5Vおよび12Vの電源で動作し、低速および高速切換え信号をサポートしています。I²Cインタフェースを通じて、利得とボリューム調整を設定し、配信用の入力ソースを選択します。

MAX4397は小型48ピンTQFNパッケージで提供され、0℃~+70℃の民生用温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX4397:システムブロックダイアグラム MAX4397:システムブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。