先頭に戻る

740MHz、低ノイズ、低歪みオペアンプ、5ピンSOT23

製品の詳細

MAX4104/MAX4105/MAX4304/MAX4305は、超高速、低ノイズおよび低歪み性能をSOT23パッケージに収めたオペアンプです。ユニティゲイン安定MAX4104は消費電流が僅か20mA、帯域幅が625MHz、スルーレートが400V/µsです。MAX4304は+2V/V以上の利得用に補償されており、帯域幅が730MHz、スルーレートが1000V/µsです。MAX4105は最小利得+5V/V用に補償されており、帯域幅が410MHz、スルーレートが1400V/µsです。MAX4305は最小利得+10V/V用に補償されており、帯域幅が340MHz、スルーレートが1400V/µsです。

これらのデバイスは、ノイズ密度が2.1nV/√Hzと低く、スプリアスフリーダイナミックレンジが-88dBcであるため、低ノイズ/低歪みビデオおよびテレコムアプリケーションに最適です。また、これらのオペアンプは出力電圧スイングが±3.7V、出力電流駆動能力が±70mAとなっています。スペースが厳しいアプリケーション用として、小型の5ピンSOT23パッケージで提供されています。

主な機能

  • 低ノイズ密度:2.1nV/√Hz
  • 超高-3dB帯域幅:740MHz、AVCL = 2V/V (MAX4304)
  • 0.1dB利得平坦性:100MHz (MAX4014/4105)
  • スルーレート:1400V/µs (MAX4105/4305)
  • SFDR (5MHz、RL = 100Ω):-88dBc (MAX4104/4304)
  • 大出力電流駆動能力:±70mA
  • 低微分利得/位相エラー:0.01%/0.01° (MAX4104/4304)
  • 低入力オフセット電圧:±1mV
  • パッケージ:省スペース5ピンSOT23

アプリケーション/用途

  • アクティブフィルタ
  • ADC入力バッファ
  • パルス/RFテレコムアプリケーション
  • 超音波
  • ビデオADCプリアンプ
  • ビデオバッファおよびケーブルドライバ
Parametric specs for Video/Wideband Amplifiers
# Amplifiers 1
BW (MHz) (@ -3dB) 740
Slew Rate (V/µs) 1000
BW (MHz) (0.1dB min) 60
Feedback Voltage
ISUPPLY (mA) (typ) 20
Single Supply No
VOFFSET (mV) (max) 6
IBIAS (µA) (max) 70
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
$3.53 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX4104、MAX4105、MAX4304、MAX4305:標準アプリケーション回路 MAX4104、MAX4105、MAX4304、MAX4305:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX4104評価キット(EVキット)は、MAX4104超高速、低ノイズ、880MHzアンプの評価を容易にします。このEVキットでは、非反転ユニティゲイン構成のMAX4104を評価します。テスト機器との互換性を保つためにRF型コネクタ(SMA)および50Ω終端抵抗が含まれています。

MAX4104 EVキットは、MAX4105、MAX4304およびMAX4305の評価に使用することもできます。この場合、該当する部品(MAX4105ESA、MAX4304ESAまたはMAX4305ESA)の無料サンプルを入手してEVボードのICを置き換え、希望する利得で利得設定抵抗を変更して下さい。推奨される抵抗値については、MAX4104/MAX4105/MAX4304/MAX4305データシートを参照して下さい。

詳細を見る

特長

  • 帯域幅:880MHz (typ) -3dB
  • 利得平坦性:100MHz 0.1dB
  • 電圧ノイズ密度:2.1nV/√Hz
  • スルーレート:400V/µs
  • ±70mA出力電流駆動
  • -88dBc SFDR (50MHz)
  • 完全実装、試験済み表面実装ボード

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Video/Wideband Amplifiers
# Amplifiers 1
BW (MHz) (@ -3dB) 740
Slew Rate (V/µs) 1000
BW (MHz) (0.1dB min) 60
Feedback Voltage
ISUPPLY (mA) (typ) 20
Single Supply No
VOFFSET (mV) (max) 6
IBIAS (µA) (max) 70
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
$3.53 @1k

主な機能

  • 低ノイズ密度:2.1nV/√Hz
  • 超高-3dB帯域幅:740MHz、AVCL = 2V/V (MAX4304)
  • 0.1dB利得平坦性:100MHz (MAX4014/4105)
  • スルーレート:1400V/µs (MAX4105/4305)
  • SFDR (5MHz、RL = 100Ω):-88dBc (MAX4104/4304)
  • 大出力電流駆動能力:±70mA
  • 低微分利得/位相エラー:0.01%/0.01° (MAX4104/4304)
  • 低入力オフセット電圧:±1mV
  • パッケージ:省スペース5ピンSOT23

アプリケーション/用途

  • アクティブフィルタ
  • ADC入力バッファ
  • パルス/RFテレコムアプリケーション
  • 超音波
  • ビデオADCプリアンプ
  • ビデオバッファおよびケーブルドライバ

説明

MAX4104/MAX4105/MAX4304/MAX4305は、超高速、低ノイズおよび低歪み性能をSOT23パッケージに収めたオペアンプです。ユニティゲイン安定MAX4104は消費電流が僅か20mA、帯域幅が625MHz、スルーレートが400V/µsです。MAX4304は+2V/V以上の利得用に補償されており、帯域幅が730MHz、スルーレートが1000V/µsです。MAX4105は最小利得+5V/V用に補償されており、帯域幅が410MHz、スルーレートが1400V/µsです。MAX4305は最小利得+10V/V用に補償されており、帯域幅が340MHz、スルーレートが1400V/µsです。

これらのデバイスは、ノイズ密度が2.1nV/√Hzと低く、スプリアスフリーダイナミックレンジが-88dBcであるため、低ノイズ/低歪みビデオおよびテレコムアプリケーションに最適です。また、これらのオペアンプは出力電圧スイングが±3.7V、出力電流駆動能力が±70mAとなっています。スペースが厳しいアプリケーション用として、小型の5ピンSOT23パッケージで提供されています。

簡略化されたブロック図

MAX4104、MAX4105、MAX4304、MAX4305:標準アプリケーション回路 MAX4104、MAX4105、MAX4304、MAX4305:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。