先頭に戻る

250MHz、低電力、高出力電流、差動ラインドライバ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート 250MHz、低電力、高出力電流、差動ラインドライバ Jul 01, 1998
チュートリアル Driving Video Lines

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 250MHz -3dB Bandwidth (AV = +2V/V)
  • 1400V/µs Slew Rate
  • 67dB at 10MHz CMR
  • 0.01%/0.01º Differential Gain/Phase
  • ±6V Differentially into 100Ω Output Drive
  • 1mA Shutdown Capability
  • 12.5mA Quiescent Supply Current
  • Available in 14-Pin Narrow SO Package

アプリケーション/用途

  • 差動ADCドライバ
  • 差動パルスアンプ
  • 高速計測アンプ
  • 低ノイズ差動レシーバ
  • ビデオツイストペアドライバ

説明

The MAX4142 differential line driver combines high-speed performance with fully symmetrical differential inputs and outputs. With an internally set +2V/V closed-loop gain, the MAX4142 is ideal for driving back-terminated cables and transmission lines.

This device utilizes laser-trimmed thin-film resistors and common-mode cancellation circuitry to deliver an outstanding 67dB at 10MHz common-mode rejection (CMR). Using current-feedback techniques, the MAX4142 achieves a 250MHz -3dB (AV = +2V/V) bandwidth, a 70MHz 0.1dB bandwidth, and a 1400V/µs slew rate. Excellent differential gain/phase error and noise specifications make this amplifier an excellent choice for a wide variety of video and RF signal-processing applications.

The MAX4142 operates from ±5V power supplies and requires only 12.5mA of quiescent current. The output stage is capable of driving a 100Ω load to ±6V (differentially) or to ±3V (single-ended). The MAX4142 is available in a space-saving 14-pin SO package. For a pin-compatible, higher speed differential line driver, see the MAX4147 data sheet.

簡易ブロック図

MAX4142:標準アプリケーション回路 MAX4142:標準アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

データシート 250MHz、低電力、高出力電流、差動ラインドライバ Jul 01, 1998
チュートリアル Driving Video Lines

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。