先頭に戻る

MAX4029の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX4029の評価キット Feb 20, 2007

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • +5Vの単一動作
  • コンポジット、Sビデオ、コンポーネント、またはRGBプライマリ
  • シンクチップ入力またはキークランプ入力を個別に選択可能
  • 可変キークランプ電圧
  • 75Ωの標準入力/出力終端
  • 表面実装部品
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • ブレードサーバ
  • 放送用およびグラフィックスビデオ
  • ディスプレイおよびデジタルTV
  • 車載用ナビゲーション/エンタテイメント
  • ノートブックコンピュータ
  • セキュリティシステム
  • セットトップボックス
  • ビデオクロスポイント切替
  • ビデオプロジェクタ

説明

MAX4029の評価キット(EVキット)はMAX4029を搭載する完全実装および試験済み表面実装回路ボードです。このMAX4029は入力クランプおよび+2V/V (6dB)の固定利得を備える4チャネル、2:1、電圧フィードバックマルチプレクサアンプです。チャネル1入力は入力信号のビデオシンクチップにクランプされ、また残りの入力は各入力信号のビデオシンクチップまたはキークランプ電圧のいずれかにクランプすることができます。後者は、キークランプと呼ばれます。このEVキットは+5Vの単一電源で動作します。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX4029の評価キット Feb 20, 2007

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。