MAX4027

225MHz、トリプル、2チャネルビデオマルチプレクサアンプ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX4027は、バック終端されたビデオ負荷を2つまで駆動することができるトリプル、広帯域、2チャネル、非反転利得2のマルチプレクサビデオアンプです。MAX4027は、200MHzの-3dB大信号帯域幅を持つ利得2 (+6dB)に設定された電流モードフィードバックアンプを備えています。この製品は低い微分利得(0.012%)および位相誤差(0.014°)を備え、±5V電源で動作します。

MAX4027は、2pFの低入力キャパシタンス、わずか15nsのチャネル間スイッチング時間、および62MHzという広い0.1dB大信号帯域幅を持つため、放送およびグラフィックスビデオシステム用に最適です。出力ディセーブルによってハイインピーダンスを呈するため、信号源とのインタラクションを最小化することができ大規模なスイッチングアレイにMAX4027を使用することができます。MAX4027は-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証され、14ピンSOおよびTSSOPパッケージで提供されます。
MAX4027:標準動作回路 MAX4027:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 卓越したビデオ特性
    • 小信号0.1dB利得平坦性:75MHz
    • 大信号0.1dBの利得平坦性:62MHz
    • 微分利得/位相誤差:0.012%/0.014°
  • 解像度:VGA~UXGA
  • 高速
    • 200MHz、2VP-P、-3dB帯域幅
    • スルーレート:1100V/µs
    • セトリングタイム:15ns (0.1%まで)
  • 2V/Vの内部利得により出力バック終端を補償
  • 高速スイッチング
    • チャネルスイッチング時間:15ns
    • スイッチングトランジェント:260mVP-P
  • 2つのバック終端ビデオ負荷を駆動
  • ハイインピーダンス出力ディセーブル

アプリケーション/用途

  • 同軸ケーブルドライバ
  • クロスポイント拡張
  • エンタープライズクラス(ブレード)サーバ
  • キーボード-ビデオ-マウス(KVM)
  • ピクチャ・イン・ピクチャ(PIP)挿入
  • VGAからUXGA (1600 x 1200)の解像度に対応
  • ビデオソース選択(多重化)
製品の信頼性レポート: MAX4027.pdf 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース