先頭に戻る

トリプルおよびクワッド、2:1ビデオマルチプレクサアンプ、固定および可変利得付

固定および設定可能な利得付き、トリプルおよびクワッド2:1ビデオマルチプレクサアンプ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • +5V単一または±5Vデュアル電源動作
  • -3dB帯域幅:260MHz (MAX4023/MAX4025)
  • -3dB帯域幅:200MHz (MAX4024/MAX4026)
  • スルーレート:363V/µs (MAX4024/MAX4026)
  • チャネルスイッチング時間:25ns
  • 超低スイッチングトランジェント:20mVP-P
  • 微分利得/位相誤差:0.012%/0.05°
  • 負レール電源電圧を含んだ入力コモンモード範囲(MAX4023/MAX4025)
  • 低電力ディセーブルモード
  • 省スペース14ピンTSSOPおよび16ピンQSOPパッケージ

アプリケーション/用途

  • ブロードバンドビデオ
  • 車載用ナビゲーション/エンタテイメント
  • ノートブックコンピュータ
  • セキュリティシステム
  • サーバ
  • セットトップボックス
  • ビデオクロスポイント切替
  • ビデオプロジェクタ

説明

電圧フィードバックマルチプレクサアンプのMAX4023~MAX4026ファミリは、低グリッチスイッチングと利得が固定または可変の優れたビデオ仕様を兼ね備えています。トリプル/クワッド2:1マルチプレクサのMAX4024/MAX4026は、固定利得が+2のアンプを備えています。トリプル/クワッド2:1マルチプレクサのMAX4023/MAX4025は、ユニティゲイン安定に最適化された可変利得アンプを備えています。すべてのデバイスは、チャネルスイッチング時間が25nsで、スイッチングトランジェントが10mVP-Pと小さいため、高速ビデオスイッチングアプリケーションに最適です。これらのデバイスは、+4.5V~+11V単一電源または±2.25V~±5.5Vデュアル電源で動作し、入力コモンモード電圧範囲が負電源レールまで拡張されています。低電力ディセーブルモードでは、出力がハイインピーダンス状態になります。

MAX4023/MAX4025は、-3dB帯域幅が260MHz、スルーレートが最大330V/µsで、長いケーブル等化を行なうために利得が可変です。MAX4024/MAX4026は、-3dB帯域幅が200MHz、スルーレートが363V/µsで、短いバック終端ケーブルの駆動に使用され、利得が固定(+2)です。MAX4023/MAX4025の内蔵アンプは、全出力電圧範囲で開ループ出力インピーダンスがわずか18Ωに保たれ、ほとんどのレイルトゥレイルアンプの標準的負荷において利得誤差と帯域変動が最小限に抑えられます。これらのデバイスは、放送用ビデオアプリケーションに最適で、微分利得と位相誤差はそれぞれ0.07%と0.07°です。

簡易ブロック図

MAX4023、MAX4024、MAX4025、MAX4026:ピン配置 MAX4023、MAX4024、MAX4025、MAX4026:ピン配置 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。