先頭に戻る

低コスト、高速、レイルトゥレイル出力付き、単一電源オペアンプ

製品詳細

MAX4012シングル、MAX4016デュアル、MAX4018トリプルおよびMAX4020クワッドオペアンプは、高速性能およびレイルトゥレイル出力を兼ね備えたユニティゲイン安定素子です。MAX4018は、消費電流を400µA (max)まで低減して出力をハイインピーダンス状態にするディセーブル機能を備えています。これらの素子は、3.3V~10V単一電源および±1.65V~±5Vデュアル電源で動作します。入力同相電圧範囲は、負電源電圧(単一電源アプリケーションではグランド)の外側まで拡張されています。

これらの素子は、自己消費電流が僅か5.5mAとなっていますが、-3dB帯域幅200MHz、スルーレート600V/µsの高性能を実現しています。これらの素子は、ビデオ、通信および計測器等、広帯域幅を必要とする低電力/低電圧機器に最適です。さらに、ディセーブルされると出力がハイインピーダンスになるため、多重化アプリケーションに最適です。

MAX4012は、超小型5ピンSOT23、MAX4016は8ピンµMAX®およびSOパッケージで提供されています。MAX4018/MAX4020は、省スペースの16ピンQSOPおよび14ピンSOで提供されています。

主な機能

  • 低コスト
  • 高速:
    • -3dB帯域幅(MAX4012):200MHz
    • -3dB帯域幅(MAX4016/18/20):150MHz
    • 0.1dB利得平坦性:30MHz
    • スルーレート:600V/µs
  • 電源:3.3V/5.0V単一
  • レイルトゥレイル出力
  • 入力同相範囲はVEEの外側まで拡張
  • 低微分利得/位相:0.02%/0.02°
  • 低歪み(5MHz):
    • SFDR:-78dBc
    • 全高調波歪み:-75dB
  • 大出力駆動能力:±120mA
  • シャットダウン能力:400µA (MAX4018)
  • オフ状態で出力はハイインピーダンス(MAX4018)
  • パッケージ:省スペースSOT23、SO、µMAX、またはQSOP

アプリケーション/用途

  • アナログ-デジタルコンバータインタフェース
  • バッテリ駆動機器
  • CCD画像処理システム
  • セットトップボックス
  • 監視ビデオシステム
  • ビデオラインドライバ
  • ビデオルーティングおよびスイッチングシステム
Parametric specs for Video/Wideband Amplifiers
# Amplifiers 3
BW (MHz) (@ -3dB) 150
Slew Rate (V/µs) 600
BW (MHz) (0.1dB min) 30
Feedback Voltage
Rail to Rail Output
ISUPPLY (mA) (typ) 5.5
Single Supply Yes
VOFFSET (mV) (max) 20
IBIAS (µA) (max) 20
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins QSOP/16
SOIC (N)/14
Budgetary
Price (See Notes)
$2.87 @1k
View More

簡略化されたブロック図

MAX4012、MAX4016、MAX4018、MAX4020:標準動作回路 MAX4012、MAX4016、MAX4018、MAX4020:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計開発

可能な場合は、下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.

パラメーター

Parametric specs for Video/Wideband Amplifiers
# Amplifiers 3
BW (MHz) (@ -3dB) 150
Slew Rate (V/µs) 600
BW (MHz) (0.1dB min) 30
Feedback Voltage
Rail to Rail Output
ISUPPLY (mA) (typ) 5.5
Single Supply Yes
VOFFSET (mV) (max) 20
IBIAS (µA) (max) 20
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins QSOP/16
SOIC (N)/14
Budgetary
Price (See Notes)
$2.87 @1k

主な機能

  • 低コスト
  • 高速:
    • -3dB帯域幅(MAX4012):200MHz
    • -3dB帯域幅(MAX4016/18/20):150MHz
    • 0.1dB利得平坦性:30MHz
    • スルーレート:600V/µs
  • 電源:3.3V/5.0V単一
  • レイルトゥレイル出力
  • 入力同相範囲はVEEの外側まで拡張
  • 低微分利得/位相:0.02%/0.02°
  • 低歪み(5MHz):
    • SFDR:-78dBc
    • 全高調波歪み:-75dB
  • 大出力駆動能力:±120mA
  • シャットダウン能力:400µA (MAX4018)
  • オフ状態で出力はハイインピーダンス(MAX4018)
  • パッケージ:省スペースSOT23、SO、µMAX、またはQSOP

アプリケーション/用途

  • アナログ-デジタルコンバータインタフェース
  • バッテリ駆動機器
  • CCD画像処理システム
  • セットトップボックス
  • 監視ビデオシステム
  • ビデオラインドライバ
  • ビデオルーティングおよびスイッチングシステム

説明

MAX4012シングル、MAX4016デュアル、MAX4018トリプルおよびMAX4020クワッドオペアンプは、高速性能およびレイルトゥレイル出力を兼ね備えたユニティゲイン安定素子です。MAX4018は、消費電流を400µA (max)まで低減して出力をハイインピーダンス状態にするディセーブル機能を備えています。これらの素子は、3.3V~10V単一電源および±1.65V~±5Vデュアル電源で動作します。入力同相電圧範囲は、負電源電圧(単一電源アプリケーションではグランド)の外側まで拡張されています。

これらの素子は、自己消費電流が僅か5.5mAとなっていますが、-3dB帯域幅200MHz、スルーレート600V/µsの高性能を実現しています。これらの素子は、ビデオ、通信および計測器等、広帯域幅を必要とする低電力/低電圧機器に最適です。さらに、ディセーブルされると出力がハイインピーダンスになるため、多重化アプリケーションに最適です。

MAX4012は、超小型5ピンSOT23、MAX4016は8ピンµMAX®およびSOパッケージで提供されています。MAX4018/MAX4020は、省スペースの16ピンQSOPおよび14ピンSOで提供されています。

簡略化されたブロック図

MAX4012、MAX4016、MAX4018、MAX4020:標準動作回路 MAX4012、MAX4016、MAX4018、MAX4020:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.