先頭に戻る

DVI、HDMI、およびVGAインタフェースのDDC用、I²C 2線式延長器

DVI/HDMIの距離長を30mを超えて延長

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • クロックおよびデータチャネル用のDDCまたはI²Cケーブルの延長:最長60m (100kbpsの場合)
  • 片側ソリューションでディスプレイ側に1つのMAX3816Aのみ必要
  • ケーブル容量の補償:0~3000pFを保証(I²C仕様の8倍)、またはtypでは5000pFを超える
  • パラレルおよびシリアル動作モード
  • 伝送ラインインピーダンスの終端によって遷移後のリフレクションに起因するリンギングを防止
  • MAX3815のTMDS®イコライザとともに使用し、完全なディジタルビデオ延長ソリューションを形成
  • 電源:3.0V~5.5V
  • 5VケーブルDDCと3.3VディスプレイDDCレベル間の電圧変換(オプション)

アプリケーション/用途

  • DVI/HDMIケーブル拡張器モジュールおよびアクティブケーブルアセンブリ
  • フロントプロジェクタDVI/HDMI入力
  • 高精細テレビ、ディスプレイ、およびコンピュータモニタ

説明

DDC*/I²C延長器のMAX3816Aは、長いDVI™、HDMI™、およびVGAケーブルの過剰容量を自動補償します。リンクのディスプレイ側に配置された1つのMAX3816Aで、0~60mのケーブルによるDDCとデータの両方の信号完全性を双方向に復元します。

MAX3816Aは、最大3000pF (標準的には5000pFを超える)の保証範囲のケーブル容量の補償を行います。MAX3816Aは、ソース側とディスプレイ側の論理「AND」によって状態変化アサーションを検出します。このデバイスは、ケーブルの最大負荷の下で、I²C立上り/立下り時間要件に適合可能なレイルトゥレイルのスルーレート制限ドライバによって新しい状態をアサートします。新しい状態のアサーション後、2.5µsのホールドオフ時間が、ケーブルチャネルが整定する間、その後の状態変化を防止します。

100kbpsの場合の最大負荷では、MAX3816Aは、25mWを消費します(プルアップ抵抗は除く)。このデバイスは、16ピンTSSOPパッケージで提供され、0℃~+70℃で動作します。

簡易ブロック図

MAX3816A:標準アプリケーション回路(パラレルモード) MAX3816A:標準アプリケーション回路(パラレルモード) Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。