先頭に戻る

レーザドライバ、プロジェクタ用

高集積、250MHz、3チャネル、1.2A RGBレーザドライバ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

データシート レーザドライバ、プロジェクタ用 Sep 24, 2014

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 3つの電流出力レーザドライバを集積化
    • 大部分のRGBレーザとコンパチブル
    • 8ビットビデオDAC、DC~167MHz動作
    • 特許取得済みのパルス機能によるレーザスペックルの抑制
    • 出力スイッチング時間:1ns
    • パルススイッチング速度エンハンサー
  • 機能集積化によるPCB面積の最小化
    • SPIまたはI²Cシリアルポート制御
    • 動作範囲:1.8V~3.3V
    • 8ビット利得調整
    • 設定可能なパルス電流
    • 42ピン、ウェハレベルパッケージ(WLP) (3.0mm x 3.5mm)と40ピンTQFN (5mm x 5mm)パッケージ
    • 温度センサー内蔵
  • 低電力要件
    • ブラックビデオイメージの場合:80mW以下
    • ビデオマーカを使用した出力ディセーブル
    • 出力電圧センサー
  • レーザイネーブル機能による安全準拠性の確保

アプリケーション/用途

  • 大電流LEDまたはレーザパルスジェネレータ
  • LCOSプロジェクタ用レーザ光源
  • RGBピコレーザプロジェクタ

説明

ピコプロジェクタ用レーザドライバのMAX3601は、RGBレーザによるビデオイメージングをサポートします。各出力には、設定可能な利得とチャネル当り最大400mAの駆動能力を持つ2つの8ビットデジタル-アナログコンバータ(DAC)が組み込まれています。DAC Aのフルスケール電流は最大320mA、DAC Bのフルスケール電流は最大80mAです。3つのチャネルすべてを組み合わせて、最大1.2Aの駆動能力を持つ単一のチャネルにすることができます。

特許を取得したマキシム独自の技術が、スペックルノイズを抑制しつつパルス電流によるレーザの効率的な動作を可能にしています。この機能はビデオデータクロックに基づいて動作します。このドライバは、一般の商用アプリケーションには42ピン、ウェハレベルパッケージ(WLP) (3.0mm x 3.5mm)で提供され、工業や車載アプリケーションには40ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)で提供されます。

簡易ブロック図

MAX3601:簡易ファンクションダイアグラム MAX3601:簡易ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

データシート レーザドライバ、プロジェクタ用 Sep 24, 2014

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。