低電力リアルタイムクロック

リアルタイムクロック(RTC) ICは、デバイスの主電源がオフであっても時間を維持する必要があります。RTCは補助バッテリまたはスーパーキャパシタの電源ソースから給電される場合が多いため、消費電力の管理はほとんどのクロック設計にとって鍵になります。

マキシムの最新の低電力RTC ICは、自動利得制御(AGC)回路を内蔵しているため、電力の使用がさらに低減されます。さらに、この回路は高い等価直列抵抗(ESR)を備えた水晶発 振器に対応します。これらのより小型の高ESR水晶は、必要とする基板スペースを減少させます。結果として、マキシムのRTCは設計に必要な電力とスペー スの削減に役立ちます。

AGCを備えた低電力および省スペースRTC 
全低電力RTC