先頭に戻る

SPI対応RTC、TDFNパッケージ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート SPI対応RTC、TDFNパッケージ Jan 16, 2008

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • リアルタイムクロックにより、秒、分、時、曜日、日、月、年、および世紀をカウント
  • 2100年までうるう年補正
  • 広い動作電圧範囲:+2V~+5.5V
  • SPIインタフェース:4MHz (@5V)、1MHz (@2V)
  • スクラッチパッド日付保存用31 x 8ビットSRAM
  • 標準32.768kHz、12.5pFウォッチ用水晶を使用
  • 低タイムキーピング電流:400nA (2V)
  • クロックレジスタやSRAMの読取り/書込みにシングルバイトまたはマルチバイト(バーストモード)でデータ転送
  • 超小型、3mm x 3mm x 0.8mmの8ピンTDFNパッケージ
  • プログラマブル時刻/日付ポーリングアラーム機能
  • 外付けクリスタルバイアス抵抗やコンデンサ不要

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動製品
  • ファックス機
  • インテリジェント機器
  • POS端末
  • ポータブル計測機器

説明

MAX6902はSPI™対応リアルタイムクロックで、リアルタイムクロック/カレンダおよび31 x 8ビットのスタティックRAM (SRAM)を内蔵しています。このリアルタイムクロック/カレンダは、秒、分、時、曜日、日、月、年、および世紀の情報を提供します。MAX6902には、時刻/日付でプログラマブルなポーリングアラームが内蔵されています。月の最終日は、2100年までのうるう年の補正を含め、月に合わせて31日以内に自動調整されます。このクロックは24時間形式、またはAM/PMインジケータ付きの12時間形式のいずれでも動作します。MAX6902は+2V~+5.5Vの電源電圧で動作し、超小型8ピンTDFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の工業用温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX6902:標準動作回路 MAX6902:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

データシート SPI対応RTC、TDFNパッケージ Jan 16, 2008

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。