先頭に戻る

±5ppm、I2Cリアルタイムクロック、MEMS発振器内蔵

業界最低電力のMEMSベース温度補償RTC、水晶の機械的障害の可能性を低減

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Timekeeping & Real-Time Clocks
Interface I2C
VSUPPLY (V) 1.6 to 5.5
Date/ Time Format (hh = sec/100) YY-MM-DD/ HH:MM:SS
YY-MM-DD/ HH:MM:SS:hh
YYYY-MM-DD/ HH:MM:SS
Time Keeping Current (nA) (typ) 940
Memory Type NV SRAM
Memory Size (Bytes) 64
Time of Day Alarms 2
Integrated Resonator MEMs
Package/Pins COW/8
TDFN HYBRID/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.82
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Timekeeping & Real-Time Clocks
Interface I2C
VSUPPLY (V) 1.6 to 5.5
Date/ Time Format (hh = sec/100) YY-MM-DD/ HH:MM:SS
YY-MM-DD/ HH:MM:SS:hh
YYYY-MM-DD/ HH:MM:SS
Time Keeping Current (nA) (typ) 940
Memory Type NV SRAM
Memory Size (Bytes) 64
Time of Day Alarms 2
Integrated Resonator MEMs
Package/Pins COW/8
TDFN HYBRID/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.82

主な特長

  • MEMS発振子を内蔵した超高精度RTCによって全計時機能を完全に管理
    • 秒、分、時間、曜日、日、月、年、および世紀を含む完全なクロックカレンダー機能(うるう年補正は2199年まで有効)
    • 計時精度:±5ppm (日差±0.432秒、-40℃~+85℃)
    • 2つの時刻アラーム
    • 温度補償された設定可能な方形波出力
    • 補正なしの設定可能なクロック出力
    • 電源障害時に自動的にバックアップバッテリまたはスーパーキャパシタに切り替え
    • デジタル温度センサーの精度:±3℃
    • 電源電圧:+1.6V~+5.5V
  • RAM:64バイト(ユーザーデータ保存用)
  • 簡素なシリアルインタフェースによってほとんどのマイクロコントローラと接続可能
    • I2Cインタフェース
  • バッテリバックアップ入力によって継続的な計時を実現
  • 低電力動作によってバッテリバックアップ稼働時間を延長
  • 動作温度範囲:-40℃~+85℃
  • 8ピンWLPパッケージ(2.1mm × 2.3mm)
  • 8ピンTDFNパッケージ(4mm × 3mm)
  • Underwriters Laboratories® (UL)認定

アプリケーション/用途

  • アクションカメラ
  • 通信
  • ハンドヘルド計器
  • 産業用
  • パワーメータ
  • ウェアラブル

説明

MAX31343は低コスト、超高精度、I2Cリアルタイムクロック(RTC)です。このデバイスはバッテリ入力を備え、デバイスへの主電源が遮断された場合も高精度の計時を維持します。MEMS (Micro Electro Mechanical Systems)発振子の内蔵によってデバイスの長期的精度が向上し、システムに外付け水晶は不要です。MAX31343は8ピンWLPおよびTDFNパッケージで提供されます。

このRTCは、秒、分、時間、曜日、日、月、年、および世紀の情報を管理します。月の最後の日付は、2199年までのうるう年の補正を含めて、31日より少ない月について自動的に調整されます。クロックは、24時間形式で動作します。その他の特長として、2つの設定可能な時刻アラーム、割込み出力、補正なしの設定可能なクロック出力、および温度補償された設定可能な方形波出力があります。アドレスおよびデータは、I2C双方向バスを介してシリアル転送されます。電圧リファレンスおよびコンパレータ回路は、VCCの状態を監視して電源障害を検出し、必要に応じて自動的にバックアップ電源に切り替えます。詳細については、フルデータシートの「標準アプリケーション回路」を参照してください。

簡易ブロック図

MAX31343:簡易ブロックダイアグラム MAX31343:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。