先頭に戻る

Y2K対応、不揮発性タイムキーピングRAM

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Timekeeping & Real-Time Clocks
Interface Bytewide
VSUPPLY (V) 5
Date/ Time Format (hh = sec/100) YYYY-MM-DD/ HH:MM:SS
Memory Type NV SRAM
Memory Size (Bytes) 32K
Time of Day Alarms 0
Package/Pins MOD/28
PWRCP/34
Budgetary
Price (See Notes)
17.03
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

データシート Y2K対応、不揮発性タイムキーピングRAM Jun 28, 2013

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Timekeeping & Real-Time Clocks
Interface Bytewide
VSUPPLY (V) 5
Date/ Time Format (hh = sec/100) YYYY-MM-DD/ HH:MM:SS
Memory Type NV SRAM
Memory Size (Bytes) 32K
Time of Day Alarms 0
Package/Pins MOD/28
PWRCP/34
Budgetary
Price (See Notes)
17.03

主な特長

  • NV SRAM、リアルタイムクロック、水晶振動子、電源障害制御回路、リチウムバッテリを集積化
  • スタティックRAMと同様にアクセス可能なクロックレジスタ。これらのレジスタは、RAMの8つの最上位位置に常駐
  • Y2K対応世紀バイトレジスタ
  • 電源なしで10年以上の動作期間、不揮発性を完全維持
  • 自動うるう年補正機能が付き、BCDコードの世紀、年、月、日付、曜日、時間、分、秒:2100年まで有効
  • バッテリ電圧レベル表示フラグ
  • 電源障害時書込み保護により、電源変動VCC ±10%を許容
  • 電源初期投入まで、リチウムバッテリを電気的に切断
  • DIPモジュールのみ
    • JEDEC規格のバイト幅32k x 8スタティックRAMのピン配列
  • PowerCapモジュールボードのみ
    • バッテリと水晶振動子を内蔵するPowerCapへの直接接続用表面実装型パッケージ
    • バッテリ交換可能(PowerCap)
    • パワーオンリセット出力
    • 他の記録密度のDS174xPタイムキーピングRAMとピンコンパチブル
  • 工業用温度範囲:-40℃~+85℃

アプリケーション/用途

説明

DS1744は、フル機能の2000年問題対応(Y2KC)、リアルタイムクロック/カレンダ(RTC)および32k x 8 NV SRAMです。DS1744内部のすべてのレジスタへのユーザアクセスは、フルデータシートの「図1」に示すバイト幅インタフェースによって実現されます。RTCの情報および制御ビットはRAMの8つの最上位ロケーションに常駐します。RTCレジスタには、24時間BCD形式で世紀、年、月、日、曜日、時間、分、秒の各データが含まれています。各月の日付とうるう年の補正は自動です。RTCクロックレジスタは、クロックの更新サイクルの過程で発生する可能性のある不正データのアクセスを防止するためにダブルバッファされています。また、ダブルバッファ方式では、タイムキーピングカウントダウンは時間レジスタのデータへのアクセスによって影響されないので、タイムロスも防止されます。さらに、DS1744は、専用の停電回路を内蔵しているので、VCC電源が許容範囲から外れた状態にあるとき、デバイスの選択を解除します。この機能は、不正なアクセスや更新サイクルを回避する一方で、低レベルのVCCによって生じる予期しないシステム動作に対してデータの消失を防止します。

簡易ブロック図

DS1744、DS1744P:ブロックダイアグラム DS1744、DS1744P:ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

データシート Y2K対応、不揮発性タイムキーピングRAM Jun 28, 2013

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。