DS1602

積算時間カウンタ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

経過時間カウンタのDS1602は、2個の32ビットカウンタを備えた多目的、低コストのタイムキーピングを提供します。1つのカウンタは、システム電源とバックアップ電源のいずれから給電されていても、秒数をカウントすることにより常にリアルタイムを維持します。もう1つのカウンタは、システム電源がアクティブのときのみカウントするので、機器の動作時間監視や、機器使用時間に対する請求額算定に有用です。このカウンタは、ソフトウェア制御で、信号をカウントして外部のリアルタイムイベントを追跡することもできます。どちらのカウンタも、ソフトウェアアルゴリズムを用いて標準のクロックとカレンダ形式で読み取れる2進データを出力します。読取り/書込みの通信は、3線式シリアルポートで行なわれます。

DS1602は、32.768kHzの水晶振動子に直接接続され、バックアップバッテリにより不揮発性を実現します。プロセッサ制御システムに搭載されたDS1602は、格安コストでタイムキーピングと計数を組み合わせて、最小限の消費電流により、長い動作寿命を実現します。

主な特長

  • 2個の32ビットカウンタが秒単位で125年以上の追跡
  • 1つのカウンタにより、バッテリ入力2.5V以上のシステム電源またはバッテリ電源のもとでリアルタイムを追跡
  • 1つのカウンタにより、システム電源での経過時間追跡とバッテリ電源でカウント保持
  • クリア機能による選択カウンタの0リセット
  • 読取り/書込みシリアルポートによる、低レベル状態ピン総数のカウント
  • シリアルポートディセーブル時の最大消費電流:1µA以下
  • 1バイトプロトコルにより、読取り/書込み、カウンタアドレス、およびソフトウェアクリア各機能規定
  • 動作温度範囲:-40℃~+85℃

技術資料

アプリケーションノート 701 Using the DS32kHz with Maxim Real-Time Clocks

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: DS1602.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX31341B
低電流、リアルタイムクロック、I2Cインタフェースおよびパワーマネージメント内蔵

  • バッテリ寿命を延長
  • 柔軟な設定自由度を提供
  • 基板スペースを節約

MAX31342
低電流、リアルタイムクロック、I2Cインタフェース内蔵

  • バッテリ寿命を延長
  • 柔軟な設定自由度を提供
  • 基板スペースの削減

種類 ID PDF タイトル
アプリケーションノート 701 Using the DS32kHz with Maxim Real-Time Clocks