先頭に戻る

シリアルアラーム付き、リアルタイムクロック

アラーム付き、3線式/SPIシリアルインタフェーストリクル充電リアルタイムクロック

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Timekeeping & Real-Time Clocks
Interface 3-Wire
SPI
VSUPPLY (V) 2 to 5.5
Date/ Time Format (hh = sec/100) YY-MM-DD/ HH:MM:SS
Time Keeping Current (nA) (typ) 450
CL (pF) 6
Memory Type NV SRAM
Memory Size (Bytes) 96
Time of Day Alarms 2
Package/Pins PDIP/16
TSSOP/20
Budgetary
Price (See Notes)
2.51
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Timekeeping & Real-Time Clocks
Interface 3-Wire
SPI
VSUPPLY (V) 2 to 5.5
Date/ Time Format (hh = sec/100) YY-MM-DD/ HH:MM:SS
Time Keeping Current (nA) (typ) 450
CL (pF) 6
Memory Type NV SRAM
Memory Size (Bytes) 96
Time of Day Alarms 2
Package/Pins PDIP/16
TSSOP/20
Budgetary
Price (See Notes)
2.51

主な特長

  • 全計時機能を完全に管理
    • リアルタイムクロック(RTC)は秒、分、時間、日、月、曜日、および年をカウント(2100年までうるう年を補正)
    • データ記憶用96バイト、バッテリバックアップNV RAM
    • 2つの時刻アラーム:秒、分、時、および曜日の組合せで設定可能k
  • 標準シリアルポートによって大部分のマイクロコントローラと接続可能
    • SPI (シリアルペリフェラルインタフェース)モード1と3、または標準3線式インタフェースをサポート
    • クロック/RAMの連続したアドレスの読取り/書込みが可能なバーストモード
  • 複数の電源端子によってバックアップ用バッテリの追加が容易
    • 一次電源およびバックアップ電源用のデュアル電源端子
    • バックアップ電源のトリクル充電出力オプション
    • 動作範囲:2.0V~5.5V
  • 20ピンTSSOPによって必要スペースを最小化
  • オプションの工業用温度範囲によって広範なアプリケーションでの動作に対応:-40℃~+85℃
  • UL® (Underwriters Laboratory)認定

アプリケーション/用途

説明

シリアルアラーム付き、リアルタイムクロックのDS1305は、簡単なシリアルインタフェースでアクセスできる完全バイナリコードの10進(BCD)クロック/カレンダを提供します。クロック/カレンダは、秒、分、時間、曜日、日、月、年の各情報を提供します。月の最終日は、うるう年の修正を含めて、31日より少ない月について自動的に調整されます。クロックは、24時間形式もしくはAM/PM表示付き12時間形式のいずれかで動作します。さらに、データ記憶用に96バイトNV RAMが内蔵されています。DS1305は、1つ以上の電源が有効レベルにある限り、発振器がイネーブルされれば、時間と日を維持します。インタフェースロジック電源入力ピン(VCCIF)を用いると、DS1305はSDOピンとアクティブローPFピンをインタフェースロジックに満足するレベルで駆動でき、混成電源システム内の3Vロジックへのインタフェースが容易になります。

DS1305は、2個の電源と1個のバッテリ入力ピンを備えています。これらの電源は、プログラマブルトリクル充電回路をサポートし、充電式エネルギー源(スーパーキャパシタや充電式バッテリなど)をバックアップ電源として使用できます。VBATピンを使用すると、デバイスを非充電式バッテリによりバックアップできます。DS1305は、2.0V~5.5Vで動作します。

2種類のプログラマブル時刻アラームがDS1305によって提供されます。各アラームは、秒、分、時間、曜日を組み合わせるプログラムに基づいて割込み信号を発生します。アラーム状態が無視されるようにするには、「Don't care」記述を少なくとも1つのフィールドに挿入します。時刻アラームは、アクティブにする割込み出力をプログラムによって2種類にすることも1種類にまとめることもできます。いずれの割込み出力も、デバイスがVCC1、VCC2、またはVBATから給電する場合に動作します。

DS1305は、シリアルデータポートに対する直接的なシリアル周辺インタフェースSPI™、または標準3線式インタフェースをサポートします。データが1バイトずつ、または多バイトのBurst Mode®で転送される場合には、単純なアドレスとデータフォーマットが使用されます。

簡易ブロック図

DS1305:標準動作回路 DS1305:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。