先頭に戻る

トリクルチャージタイムキーピングチップ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Timekeeping & Real-Time Clocks
Interface 3-Wire
VSUPPLY (V) 2
3
5
Date/ Time Format (hh = sec/100) YY-MM-DD/ HH:MM:SS
Time Keeping Current (nA) (typ) 200
CL (pF) 6
Memory Type NV SRAM
Memory Size (Bytes) 31
Time of Day Alarms 0
Package/Pins PDIP/8
SOIC (N)/8
SOIC (W)/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.55
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Timekeeping & Real-Time Clocks
Interface 3-Wire
VSUPPLY (V) 2
3
5
Date/ Time Format (hh = sec/100) YY-MM-DD/ HH:MM:SS
Time Keeping Current (nA) (typ) 200
CL (pF) 6
Memory Type NV SRAM
Memory Size (Bytes) 31
Time of Day Alarms 0
Package/Pins PDIP/8
SOIC (N)/8
SOIC (W)/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.55

主な特長

  • 全計時機能を完全に管理
    • リアルタイムクロックは秒、分、時間、日、月、曜日、および年をカウント(2100年までうるう年を補正)
    • バッテリバックアップされた汎用RAM:31 x 8
  • 簡素なシリアルポートによってほとんどのマイクロコントローラと接続可能
    • 簡素な3線式インタフェース
    • TTL互換(VCC = 5V)
    • 1バイトまたは複数バイト(バーストモード)データ転送によってクロックまたはRAMデータを読み書き可能
  • 低電力動作によってバッテリバックアップ動作時間を延長
    • 完全動作電圧:2.0V~5.5V
    • 消費電流:300nA以下(2.0V時)
  • 8ピンDIPおよび8ピンSOによって必要なスペースを最小化
  • オプションの工業用温度範囲によって広範なアプリケーションでの動作に対応:-40℃~+85℃
  • UL (Underwriters Laboratories®)認定

アプリケーション/用途

説明

トリクルチャージタイムキーピングチップのDS1302は、リアルタイムクロック/カレンダーと31バイトのスタティックRAMを内蔵しています。このデバイスは、簡素なシリアルインタフェース経由でマイクロプロセッサと通信します。リアルタイムクロック/カレンダーは、秒、分、時間、曜日、日、月、および年の情報を提供します。うるう年の補正を含め、31日に満たない月の最後の日付は自動的に調整されます。このクロックは、24時間形式またはAM/PMインジケータを備えた12時間形式のいずれかで動作します。

DS1302とマイクロプロセッサのインタフェースは、同期シリアル通信の使用によって簡素化されています。クロック/RAMとの通信に必要なのは、CE、I/O (データライン)、およびSCLK (シリアルクロック)の3本のワイヤのみです。クロック/RAMとの間のデータ転送は、1度に1バイトまたは最大31バイトのバースト転送が可能です。DS1302は超低電力で動作するように設計されており、1µW以下でデータおよびクロック情報を維持します。

DS1302は、DS1202の後継製品です。DS1202の基本的なタイムキーピング機能に加えて、DS1302は追加機能として、主電源とバックアップ電源用のデュアル電源端子、VCC1用の設定可能なトリクルチャージャ、および7バイトの追加スクラッチパッドメモリを備えています。

簡易ブロック図

DS1302:標準動作回路 DS1302:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。