MX7839

オクタル(8回路)、パラレルインタフェース付13ビット電圧出力DAC


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MX7839は、8個の13ビット、電圧出力ディジタル-アナログコンバータ(DAC)を内蔵しています。内蔵高精度出力アンプは、電圧出力型です。このデバイスは、±15V電源で動作します。バイポーラ出力電圧スイングは±10Vであり、外付け部品なしで実現されます。MX7839は3ペアの差動リファレンス入力端子を備え、そのうち2ペアはそれぞれ2個のDACに接続され、残り1ペアは4個のDACに接続されています。これらのリファレンスは独立して制御可能で、各DACに異なったフルスケール出力電圧を与えます。

MX7839は、13ビットパラレルデータバスとのダブルバッファ付インタフェースロジックを備えています。各DACには、入力ラッチおよびDACラッチがあります。DACラッチのデータで、出力電圧を設定します。8つの入力ラッチは、3つのアドレスラインでアドレス指定します。データは、シングル書込み命令で入力ラッチにロードされます。非同期ロード入力(アクティブローLDAC)によって、入力ラッチからDACラッチにデータが転送されます。アクティブローLDAC入力によってすべてのDACが制御されるため、アクティブローLDACをアサートして、すべてのDACを同時に更新することができます。非同期のアクティブローCLR信号入力によって、8個の全DACの出力をオペアンプの各DUTGND入力に設定します。アクティブローCLRは、VDDによって駆動されるCMOS入力であることに注意してください。その他の全ロジック入力は、TTL/CMOS対応です。MX7839は、AD7839とピンコンパチブルです。
MX7839:ファンクションブロックダイアグラム MX7839:ファンクションブロックダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • 調整不要の完全13ビット性能
  • 1個のパッケージに8個のDAC
  • バッファ付電圧出力
  • 最大±10Vのユニポーラまたはバイポーラ電圧スイング
  • 出力セトリングタイム:31µs
  • 小型44ピンMQFPパッケージ
  • ダブルバッファ付ディジタル入力
  • 非同期ロードによって全DACを同時更新
  • 非同期アクティブローCLRによって全DACをDUTGND_ _電位に設定

アプリケーション/用途

  • 任意関数発生器
  • 自動試験装置(ATE)
  • アビオニクス機器
  • デジタルオフセットおよび利得調整
  • 産業用プロセス制御
  • 最小部品点数のアナログシステム
  • SONETアプリケーション

技術資料

アプリケーションノート 4491 稲妻または静電気スパークによる損傷—それは身長で決まります!
アプリケーションノート 4490 How Signal Chains and PLCs Impact Our Lives

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MX7839 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX5861
DOCSIS 3.1高密度SCQAMおよびOFDMダウンストリームケーブル変調器

  • 高密度ケーブルダウンストリーム変調器
  • 高い柔軟性と設定能力
  • 追加機能によってRF設計を容易化


種類 ID PDF タイトル
アプリケーションノート 4491 稲妻または静電気スパークによる損傷—それは身長で決まります!
アプリケーションノート 4490 How Signal Chains and PLCs Impact Our Lives