先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX5882の評価キット Aug 12, 2019
ユーザーガイド MUXDAC Data Source User Guide

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • MAX5882を評価
  • 更新レート:4.6Gsps (max)
  • 実証済み12層PCB設計
  • シングルエンドクロックインタフェース
    • クロックレート:2.3GHz (max)
  • シングルエンドDAC出力インタフェース
    • 広帯域出力トランス
    • 50MHz~2GHz以上に対応
  • ボード上の1.25Vリファレンス回路
  • ボード上の2分周データクロック分周器
    • FPGA/ASICとの使用のために周波数を低減
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 放送ビデオ変調器
  • ケーブルモデム終端システム(CMTS)
  • DOCSIS準拠エッジQAMデバイス
  • ビデオオンデマンド(VOD)

説明

MAX5882の評価キット(EVキット)は、14ビット、4.6Gspsケーブルダウンストリーム、ダイレクトRF合成デジタル-アナログコンバータ(DAC)のMAX5882を備えています。評価ボードは、差動DAC出力からシングルエンド50Ω信号への変換に使用されるトランス回路を内蔵しています。シングルエンド50ΩクロックソースをMAX5882に必要な完全平衡、50%デューティサイクル、100Ω差動ソースに変換する3トランス回路もボード上に提供されます。

MAX5882の評価ボードは、デジタルインタフェース用に2つのSAMTECH Q Strip® (QSH)コネクタを採用しています。このEVキットには、QSHインタフェースをFPGAメザニンコネクタ(FMC)に変換するアダプタボードが含まれています。FMCコネクタは、Xilinx© Virtex®-7 VC707のEVキットなどの商用オフザシェルフ(COTS) FPGA評価ボード上で一般的に利用可能です。

MAX5882のEVキットはVC707 FPGAボードをベースとするMUXDACデータソースによってサポートされており、MAX5882の評価に必要なデジタル信号を供給するために役立つツールが提供されます。詳細については、MUXDACデータソースユーザーズガイドを参照してください。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX5882の評価キット Aug 12, 2019
ユーザーガイド MUXDAC Data Source User Guide

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。