先頭に戻る

12ビット、4.3GspsケーブルダウンストリームダイレクトRF合成DAC

DOCSIS 3.0準拠エッジQAMデバイスおよびCMTS用、完全デジタルのアップコンバータを実現するRF-DAC

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 出力更新速度:4.3Gsps
    • ダイレクトRF合成:50MHz~1000MHz
  • 最大4つの隣接QAMチャネル対応の性能
  • 業界トップクラスのダイナミック性能
    • ACP = 67dBc (fOUT = 1000MHzの場合) (4つの6MHz QAMチャネル、6MHzオフセット)
    • ACP = 68dBc (fOUT = 1000MHzの場合) (4つの6MHz QAMチャネル、12MHzオフセット)
    • ACP = 69dBc (fOUT = 1000MHzの場合) (4つの6MHz QAMチャネル、18MHzオフセット)
  • 低電力動作
    • 1260mW (fDAC = 4096Mspsの場合)
  • 4:1の多重化LVDS入力
    • ポート当り最大1075Mwps
    • ダブルデータレート(DDR)モード
  • 50Ωの差動出力終端内蔵
  • 入力レジスタのスキャンモードによるインサーキット動作検証
  • 鉛(Pb)フリー、11mm x 11mmの小型169ピンCSBGAパッケージ
  • 評価キット入手可能(MAX5881EVKITをご注文ください)

アプリケーション/用途

  • 放送ビデオ変調器
  • ケーブルモデム終端システム(CMTS)
  • エッジQAMデバイス
  • ビデオオンデマンド(VOD)

説明

状況:リリース済みおよび量産中

12ビット4.3Gspsのディジタル-アナログコンバータ(DAC)のMAX5881は、ケーブルモデム終端システム(CMTS)およびエッジQAM (EQAM)機器のマルチチャネルダウンストリーム直交振幅変調(QAM)信号のダイレクトRF合成用に最適化されています。MAX5881は、優れたスプリアス、ノイズ、および隣接チャネルパワー(ACP)性能を備えており、DOCSIS® (Data-Over-Cable Service Interface Specification)に規定された50MHz~1000MHzのケーブルダウンストリーム帯域幅でマルチチャネルをダイレクト合成することができます。

MAX5881は、4つの12ビット多重化低電圧差動信号(LVDS)入力ポートを備え、それぞれダブルデータレート(DDR)またはクワッドデータレート(QDR)モード時に最高1075MHzで動作します。このデバイスは、立上りおよび立下りクロックエッジの両方で変換がトリガされる場合はDAC更新速度の1/2のクロックを受け付けます。入力データレートは、DAC更新速度の1/4か、またはクロックレートの1/2です。MAX5881は、最高2.15GHzのクロックレートで動作することができ、4.3GspsのDAC更新速度を実現します。MAX5881は、LVDSデータクロック出力を備え、FPGAまたはASICデバイスとのインタフェースが簡単になります。

MAX5881は、ダイナミック性能を最適化するための自己較正型50Ω差動出力終端を内蔵する電流ステアリングDACです。MAX5881は、3.3Vおよび1.8V電源で動作し、4.3Gsps時の消費電力は1.3Wです。このデバイスは、民生用温度範囲(0℃~+70℃)での動作が保証され、鉛(Pb)フリー(RoHS準拠)、11mm x 11mmの169ピンCSBGAパッケージで提供されます。

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。