先頭に戻る

MAX5861の評価キット

最大160のSCQAMチャネルおよび/または6つのOFDMチャネルを評価

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX5861の評価キット Oct 22, 2019
ユーザーガイド MAX5861 Usage and Configuration Guide

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 最大160のSCQAMチャネルおよび/または6つのOFDMチャネルを評価
  • 最大6ブロックを一度にパワーオン(ブロックは1つのOFDMチャネルまたは32チャネルSCQAMブロックとして定義)
  • 単一入力電源電圧:5.0V
  • 更新レート:最大4.9152Gsps
  • 必要に応じてXilinx® VC707データソースボードと直接インタフェース可能
  • Windows XP、Windows Vista、およびWindows 7/8対応ソフトウェア
  • SPIインタフェース制御搭載(MAX5861用)
  • SMBusインタフェース制御搭載(温度センサーのMAX6654用)
  • VC707の動作のGUI制御
  • 疑似ランダムビットシーケンス(PRBS)テストパターンファイル
  • 実証済み10層PCB設計
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • CCAP、エッジQAM、CMTS
  • DOCSIS 3.0/3.1およびDVB-C/C2
  • 集合住宅用ユニット(MDU)、ミニヘッドエンド
  • リモートPHY、同軸メディアコンバータ

説明

MAX5861の評価キット(EVキット)は、デジタルアップコンバータ(DUC)とRFデジタル-アナログコンバータ(RF-DAC)を内蔵した高密度ダウンストリームケーブルSCQAMおよびOFDM変調器のMAX5861を搭載しています。MAX5861のDUCはSCQAMおよびOFDMマッピング、パルスシェーピング、およびデジタルRFアップコンバージョンを完全なアジリティで実行し、さらに14ビット5Gsps RF-DACを駆動します。このデバイスは、単一のRFポート上で47MHz~1218MHzの周波数で最大160のDOCSIS®準拠6MHz QAMチャネル(または最大120の8MHz QAMチャネル)のRF信号をデジタル合成します。MAX5861デバイスは最大6チャネルのOFDM IFFT処理を提供します。各OFDMチャネルは最大192MHzの帯域幅を提供し、組み合わせによって1152MHzの変調帯域幅が可能です。MAX5861は同時に最大6ブロックのパワーオンに対応可能で、ブロックは1つのOFDMチャネルまたは32チャネルSCQAMブロックとして定義されます。MAX5861のEVキットは、超低消費電力のDOCSIS 3.1ソリューションをターゲットとする高密度SCQAMおよびOFDM変調の完全なシステムソリューションを提供します。

MAX5861のEVキットをXilinx VC707評価キット上のFMCコネクタに接続することによって、VC707とMAX5861の3つの入力ポートおよび各種制御信号の通信が可能です。

このEVキットはWindows XP®、Windows Vista®、Windows® 7/8対応ソフトウェアを備え、MAX5861の全レジスタの設定、SPIインタフェースの制御、VC707 FPGAの制御、および温度監視のための簡素なグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を提供します。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX5861の評価キット Oct 22, 2019
ユーザーガイド MAX5861 Usage and Configuration Guide

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。