先頭に戻る

デュアル、10ビット、300Msps DAC、4x/2x/1x補間フィルタおよびPLL付

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for High-Speed DACs (≥ 1MHz)
Resolution (bits) 10
# Channels 2
fCLK (Msps) 300
SFDR (dBc) (@ fOUT) 73 @ 20MHz
THD (dBc) (@ fOUT) -72 @ 5MHz
DNL (±LSB) 0.25
INL (±LSB) 0.5
PDISS (mW) 438
Interface Parallel
VSUPPLY (V) 3
Package/Pins TQFP/48
Budgetary
Price (See Notes)
10.99
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for High-Speed DACs (≥ 1MHz)
Resolution (bits) 10
# Channels 2
fCLK (Msps) 300
SFDR (dBc) (@ fOUT) 73 @ 20MHz
THD (dBc) (@ fOUT) -72 @ 5MHz
DNL (±LSB) 0.25
INL (±LSB) 0.5
PDISS (mW) 438
Interface Parallel
VSUPPLY (V) 3
Package/Pins TQFP/48
Budgetary
Price (See Notes)
10.99

主な特長

  • 10ビット分解能、デュアルDAC
  • データ更新速度:300Msps
  • 4x/2x/1x補間フィルタ内蔵
  • PLL逓倍器内蔵
  • 単一電源:2.7V~3.3V
  • 2.7V電源電圧でのフル出力スイング/ダイナミック性能
  • 優れたダイナミック性能
    • 73dBc SFDR (fOUT = 20MHz時)
    • UMTS ACLR = 63dB (fOUT = 30.7MHz時)
  • プログラマブルなチャネル利得マッチング
  • 1.24Vの低ノイズバンドギャップリファレンス内蔵
  • 単一抵抗による利得制御
  • インタリーブデータモード
  • 差動クロック入力モード
  • 評価キットあり(MAX5858AのEVキット)

アプリケーション/用途

  • 通信
  • ダイレクトデジタル合成(DDS)
  • 計測/ATE
  • ポイント間マイクロ波リンク
  • SatCom、LMDS、MMDS、HFC、DSL、WLAN
  • ワイヤレス基地局

説明

MAX5858Aは、デュアル、10ビット、300Msps、ディジタル-アナログコンバータ(DAC)で、広帯域通信システムにおいて優れたダイナミック性能を発揮します。MAX5858Aは、2つの10ビットDACコア、4x/2x/1xプログラマブルディジタル補間フィルタ、位相ロックループ(PLL)クロック逓倍器、および1.24Vリファレンスを内蔵しています。MAX5858Aは、シングルエンドおよび差動動作モードを可能としています。MAX5858Aのダイナミック性能は、2.7V~3.3Vの全電源動作範囲で維持されます。アナログ出力は、-1.0V~+1.25Vのコンプライアンス電圧で動作します。

4x/2x/1xプログラマブル補間フィルタは、優れた通過帯域歪みおよびノイズ性能を実現しています。補間フィルタによって、アナログ再生フィルタの複雑な設計が簡素化され、またディジタルインタフェースのデータバスおよびクロック速度を低減することができます。PLL逓倍器はすべての内部の同期高速クロック信号を生成して、補間フィルタ動作とDACコア変換を行います。PLLを内蔵しているため、システムの複雑さを簡素化し、コストを削減することができます。I/Oピン数を削減するために、DACはインタリーブデータモードで動作することもできます。このため、MAX5858Aは10ビット単一バスを使ってデータを更新することができます。

MAX5858Aは、0.05dBの16段階で、チャネル利得マッチングを±0.4dB以内にディジタル制御する機能を備えています。アナログ直交変調のアプリケーションでは、チャネルマッチングによって、側波帯抑制能力が向上します。1.24Vの内蔵バンドギャップリファレンスには制御アンプが搭載され、このアンプによって1個の抵抗を使って両チャネルを外部からフルスケール調整することができます。内蔵リファレンスをディセーブルにして、外部リファレンスを高精度アプリケーション用として使用することもできます。

MAX5858Aは2mA~20mAのフルスケール電流出力を備え、2.7V~3.3Vの単一電源で動作します。DACは、標準、低電力スタンバイ、および完全パワーダウンの3つの電源制御動作モードを持っています。パワーダウンモード時には、動作電流は1µAまで低減されます。

MAX5858Aは放熱性を向上した裏面放熱パドル(EP)付48ピンTQFPパッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX5858A:標準アプリケーション回路 MAX5858A:標準アプリケーション回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。