先頭に戻る

MAX5773MAX5774、およびMAX5775の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX5773MAX5774、およびMAX5775の評価キット Jul 21, 2009

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 32の個別DAC
  • 出力範囲:-2.5V~+7.5V
  • グリッチフリーのパワーアップを検証
  • SPIインタフェース
  • 使いやすいメニュー方式のソフトウェア
  • オンボードのSPI通信インタフェース回路およびUSBインタフェース
  • Windows 2000/XPおよびWindows Vista (32ビット)対応の評価ソフトウェア
  • 鉛(Pb)フリーおよびRoHS準拠
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 任意関数発生器
  • 自動試験システム
  • アビオニクス機器
  • デジタルオフセット/利得調整
  • 産業用プロセス制御
  • 最小部品点数のアナログシステム
  • 光ルータ制御

説明

MAX5774の評価キット(EVキット)は、32チャネル、14ビット、電圧出力、ディジタル-アナログコンバータ(DAC)であるMAX5774の動作を検証します。このDACは、各チャネル出力を制御するためのSPI™/DSP対応シリアルインタフェースを内蔵しています。各DACチャネルは、それぞれの設定可能な入力、利得、およびオフセットレジスタを備え、その出力電圧は-2.5V~+7.5Vの範囲に設定することができます。

MAX5774のEVキット回路は、DAC出力を設定するための正しいSPI信号を生成するUSB-SPI通信回路を内蔵しています。

MAX5774のEVキットは、Windows® 2000/XP®およびWindows Vista® (32ビット)対応のソフトウェアも備えており、MAX5774の各機能を実行するためのシンプルなグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。

また、MAX5774のEVキットは、MAX5773およびMAX5775も評価することができます。MAX5773は0~+10Vの範囲、MAX5775は-5V~+5Vの範囲を備えています。MAX5773またはMAX5775を評価するためには、U1をMAX5773UCB+またはMAX5775UCB+に置き換えてください。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX5773MAX5774、およびMAX5775の評価キット Jul 21, 2009

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。