先頭に戻る

MAX5713MAX5714MAX5715A、およびMAX5715Bの評価キット

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

データシート MAX5713MAX5714MAX5715A、およびMAX5715Bの評価キット Dec 07, 2012

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 広い入力電源範囲:2.7V~5.5V
  • レール・ツー・レールのバッファ内蔵出力:出力インピーダンス0.3Ω
  • 高精度:±1 LSB INL (max)
  • 高精度10ppm (max)の選択可能な内部リファレンス:2.048V、2.500V、または4.096V
  • デジタルI/O用の独立した電圧:1.8V~5.0V
  • バッファ内蔵出力の4.5µsのセトリング時間を検証
  • レベルシフタ不要
  • 最大5.0Vのユーザー指定外部リファレンスをサポート
  • 12/10/8ビットDACのファミリ全体をサポート
  • Windows XP、Windows Vista、およびWindows 7対応ソフトウェア
  • USB駆動(ケーブル付属)
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 自動チューニング
  • 通信システム
  • データ収集
  • 利得およびオフセット調整
  • ポータブル計測機器
  • パワーアンプ制御
  • プロセス制御およびサーボループ
  • プログラマブル電圧および電流源

説明

MAX5715Aの評価キット(EVキット)は、内蔵リファレンスおよびバッファ内蔵電圧出力を備えた12ビット、4チャネル、低電力DACのMAX5715Aを検証します。このデバイスは、14ピンTSSOPパッケージで提供されます。このEVキットは、DACの出力、電力動作、およびリファレンスを変更するための制御を提供します。

このEVキットは、USB-SPIインタフェース回路を備えています。このEVキットは、デバイスの機能を実行するための簡単なグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供するWindows XP®、Windows Vista®、およびWindows® 7対応ソフトウェアを備えています。

このEVキットには、12ビットSPIバージョンのMAX5715AAUD+が出荷時に実装されています。ピンコンパチブルのMAX5715BAUD+ (12ビット)、MAX5714AUD+ (10ビット)、およびMAX5713AUD+ (8ビット)デバイスのサンプルについては、お問い合わせください。

技術資料

データシート MAX5713MAX5714MAX5715A、およびMAX5715Bの評価キット Dec 07, 2012

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。