先頭に戻る

超小型、クワッドチャネル、8/10/12ビット出力バッファ付きDAC、リファレンスおよびSPIインタフェース内蔵

実装面積3.5mm²ウェハレベルパッケージ(WLP)で提供される、機能豊富な4チャネルDACファミリ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 4つの高精度DACチャネル
    • 調整なしの12ビット精度
    • バッファ電圧出力:±1 LSB INL
    • 全動作状態での単調性を保証
    • DAC単位で独立したモード設定
  • 3つの選択可能な高精度リファレンス内蔵
    • 2.048V、2.500V、または4.096V
  • 出力バッファ内蔵
    • 外部リファレンスによるレール・ツー・レール動作
    • セトリング時間:4.5µs
    • 出力:2kΩ負荷を直接駆動
  • パッケージ:小型14ピンTSSOP (5mm x 4.4mm)または超小型12ピン、ウェハレベルパッケージ(WLP) (1.6mm x 2.2mm)
  • 広い電源範囲:2.7V~5.5V
  • 個別のVDDIO電源入力:1.8V~5.5V
  • アクティブローRDY出力を備えた、50MHz、3線式、SPI/QSPI/MICROWIRE/DSP対応シリアルインタフェース
  • パワーオンリセットによるゼロスケールDAC出力
  • 非同期制御用のアクティブローLDACおよびアクティブローCLR
  • 3つのソフトウェア選択可能なパワーダウン出力インピーダンス
    • 1kΩ、100kΩ、またはハイインピーダンス

アプリケーション/用途

  • 自動チューニング
  • 通信システム
  • データ収集
  • 利得およびオフセット調整
  • ポータブル計測機器
  • パワーアンプ制御
  • プロセス制御およびサーボループ
  • プログラマブル電圧および電流源

説明

4チャネル、低電力、8/10/12ビット、電圧出力デジタル-アナログコンバータ(DAC)のMAX5713/MAX5714/MAX5715は、出力バッファを備え、2.048V、2.500V、または4.096Vのいずれかを選択可能なリファレンスを内蔵しています。MAX5713/MAX5714/MAX5715は、3mWの超低消費電力で、2.7V~5.5Vの広い電源電圧範囲を許容し、ほとんどの低電圧アプリケーションに適応しています。高精度の外部リファレンス入力によって、レール・ツー・レール動作が可能で、外部リファレンスに対しては100kΩ (typ)の負荷になります。

MAX5713/MAX5714/MAX5715は、50MHz、3線式SPI/QSPI/MICROWIRE®/DSP対応シリアルインタフェースを備え、デイジーチェーンアプリケーション用のアクティブローRDY出力も内蔵しています。DAC出力は、バッファされ、チャネル当り250µA以下の低消費電流と±0.5mV (typ)の低オフセット誤差を備えています。パワーアップ時、MAX5713/MAX5714/MAX5715は、DAC出力をゼロにリセットし、パワーアップ時にオフ状態が要求されるバルブその他のトランスデューサを駆動するアプリケーションに更なる安全を提供することができます。内部リファレンスは、初期はパワーダウンされ、外部リファレンスの使用が可能です。MAX5713/MAX5714/MAX5715は、ソフトウェアのLOADコマンドまたはハードウェアのロードDACロジック入力(アクティブローLDAC)を使用して、同時出力更新が可能です。

クリアロジック入力(アクティブローCLR)によって、CODEおよびDACレジスタの内容を非同期にクリアすることができ、DAC出力をゼロに設定します。MAX5713/MAX5714/MAX5715は、14ピンTSSOPおよび超小型12ピンのウェハレベルパッケージ(WLP)で提供され、-40℃~+125℃の温度範囲での動作が保証されています。

携帯アプリ

簡易ブロック図

MAX5713、MAX5714、MAX5715:ファンクションダイアグラム MAX5713、MAX5714、MAX5715:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。