先頭に戻る

工業用アナログ出力モジュール向け、電流および電圧出力、シングル、16ビットDAC

高電圧の電流および電圧アンプを内蔵する、業界初の16ビット電流/電圧出力DAC

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • ±25%のオーバーレンジで調整可能な、10ビットフルスケール出力調整
  • 設定可能な電圧出力
    • ユニポーラ範囲:0~+10.24V ±25%
    • バイポーラ範囲:±10.24V ±25%
  • 設定可能な電流出力
    • ユニポーラロー範囲:0~20.45mA
    • ユニポーラハイ範囲:3.97mA~20.45mA
  • 柔軟性の高いアナログ電源(表16参照)
    • 電圧出力:±13.48V~±15.75V
    • 電流出力:+13.48V~+40V
  • 差動電圧出力リモート検出用、フォース/センス接続(電圧出力)
  • 電圧出力電流制限
  • ドロップアウト検出器が不安定な電流出力を検出
  • 非同期DAC更新用アクティブローCLRおよびアクティブローLDAC入力
  • アクティブローCLR入力が出力を設定値またはゼロコードにリセット
  • アクティブローFAULT出力が開放電流出力、短絡電圧出力、またはクリア状態を表示
  • 温度ドリフト
    • 電圧出力:±0.4ppm FSR/℃
    • 電流出力:±7.9ppm FSR/℃
  • 小型64ピンLQFPパッケージ(10mm x 10mm)

アプリケーション/用途

  • 産業用アナログ出力モジュール
  • 産業用計測
  • プロセス制御
  • プログラマブルロジック制御/分配制御システム

説明

MAX5661は、高精度の高電圧アンプ内蔵、シングル16ビットDACで、電流および電圧出力を設定可能なアプリケーションに完全なソリューションを提供します。出力アンプは、業界標準レベルの±10V (電圧出力)まで振幅、または0mA (または4mA)~20mA (電流出力)をソースします。電圧出力(OUTV)は、2kΩ以上の抵抗性負荷および最大1.2µFの容量性負荷を駆動します。電圧出力のフォース/センス接続は、直列の保護抵抗とフィールド配線用抵抗を補償します。電圧出力の短絡保護は、出力電流を10mA (typ)のソースまたは-11.5mA (typ)のシンクに制限します。電流出力(OUTI)は、最大37.5V (max)の抵抗性負荷および最大1Hの誘導性負荷を駆動します。

MAX5661は電流出力または電圧出力を提供します。構成に関係なく、常時1出力のみがアクティブとなります。MAX5661の電圧出力は、±13.48V~±15.75Vの電源(VDDV、VSSV)で、電流出力は+13.48V~+40Vの単一電源(VDDI)で動作します。+4.75V~+5.25Vのディジタル電源(VCC)は、内部回路の他の部分に給電します。バッファ付きリファレンス入力は、+4.096Vの外部リファレンス電圧に対応します。

ソフトウェアコマンドまたは非同期アクティブローLDAC入力を使用してDAC出力を更新してください。非同期アクティブローCLR入力は、DAC出力をクリアレジスタに保存された値またはゼロに設定します。アクティブローFAULT出力は、DACの電流出力の開放時、DACの電圧出力の短絡時、またはアクティブローCLR入力がローの時にアサートします。

MAX5661は、4線式の10MHz SPI/QSPI™/MICROWIRE™対応シリアルインタフェースで通信します。DOUT出力によって、複数のデバイスのデイジーチェーン接続が可能です。MAX5661は、10mm x 10mmの64ピンLQFPパッケージで提供され、-40℃~+105℃の温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX5661:ファンクションダイアグラム MAX5661:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。