先頭に戻る

16チャネルサンプル/ホールド出力付き、16ビットDAC

多数のプログラマブル電圧が必要なアプリケーション向け、16チャネルのサンプル/ホールド出力付き、16ビットDAC

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • SRAMおよびシーケンサ付き16ビットDACおよび16チャネルSHA内蔵
  • 電圧出力数:16
  • 出力リニアリティ:0.005%
  • 出力分解能:200µV
  • フレキシブルな出力電圧範囲
  • リモートグランド検出
  • 高速順次ローディング:1.3µs (各レジスタにつき)
  • バースト/即時モードアドレス指定
  • 利得およびオフセット設定に外付け部品不要
  • 出力クランプダイオード内蔵
  • 3種類の出力インピーダンスオプション
    • MAX5621 (50Ω)、MAX5622 (500Ω)、およびMAX5623 (1kΩ)

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • 産業用プロセス制御
  • 計測
  • MEMSミラーサーボ制御

説明

MAX5621/MAX5622/MAX5623は、多数のプログラマブル電圧を必要とするアプリケーション用の16個のサンプル/ホールド(SHA)出力付き16ビットD/Aコンバータ(DAC)です。これらのデバイスは、クロック発振器と、内部SRAMからのコードでDACを更新するシーケンサとを内蔵しています。オフセットと利得の設定に外付け部品は不要です。

MAX5621/MAX5622/MAX5623は、出力電圧範囲が-4.5V~+9.2Vです。その他の特長として、1ステップ当たり200µVの分解能、およびフルスケール範囲(FSR)での0.005% (typ)の出力直線性誤差などがあります。各SHAは、100kHzのリフレッシュ速度で320µsごとに更新されるため、出力ドループを無視することができます。リモートグランド検出によって、各出力は個々のデバイスのローカルグランドを基準にすることができます。

これらのデバイスは、20MHz SPI™/QSPI™/MICROWIRE™対応の3線式シリアルインタフェースを介して制御されます。即時更新モードでは、どのチャネルの出力も20µs以内に更新することが可能です。Burst Mode®では、単一の高速データバーストで複数の値をメモリにロードすることができます。すべてのチャネルは、データのロード後330µs以内に更新されます。各デバイスは、出力クランプとフィルタ処理用出力抵抗器を備えています。MAX5621は、出力インピーダンスが50Ωで、最大250pFの容量を駆動することができます。MAX5622は、出力インピーダンスが500Ωで、最大10nFの容量を駆動することができます。MAX5623は、出力インピーダンスが1kΩで、最大10nFの容量を駆動することができます。MAX5621/MAX5622/MAX5623は、64ピンTQFP (10mm x 10mm)および68ピンThin QFN (10mm x 10mm)パッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX5621、MAX5622、MAX5623:ファンクションブロックダイアグラム MAX5621、MAX5622、MAX5623:ファンクションブロックダイアグラム Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。