先頭に戻る

バッファ付き、高速セトリング、クワッド、12/10/8ビット、電圧出力DAC

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 0.5 LSBまでの12ビット整定時間:3µs (max)
  • TSSOPパッケージのクワッド、12/10/8ビットシリアルDAC
  • 12ビット分解能におけるINLおよびDNL:±1 LSB (max)
  • 2つのユーザプログラマブルディジタルI/Oポート
  • 単一アナログ電源:+2.7V~+5.25V
  • ディジタル電源:+1.8V~AVDD
  • 20MHz、3線式、SPI/QSPI/MICROWIRE/DSP対応シリアルインタフェース
  • PU端子によって制御されるゼロスケール、ミッドスケール、またはフルスケールとなる電源投入時のグリッチフリー出力
  • ユニティゲインまたはフォース/センス構成の出力バッファ

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • 自動チューニング
  • デジタルオフセットおよび利得調整
  • パラレルDACからシリアルDACへの高速アップグレード
  • 産業用プロセス制御
  • マイクロプロセッサ(µP)制御システム
  • 動作制御
  • ポータブル計測機器
  • パワーアンプ制御
  • プログラマブル減衰
  • プログラマブル電圧および電流源

説明

クワッド、12/10/8ビット、電圧出力、ディジタル-アナログコンバータ(DAC)のMAX5580~MAX5585は、バッファ付き出力を備えており、12ビットレベルの最大整定時間は3µsです。このDACは、+2.7V~+5.25Vのアナログ電源およびこれとは別の+1.8V~+5.25Vのディジタル電源で動作します。20MHz、3線式、シリアルインタフェースは、SPI™、QSPI™、MICROWIRE™、およびディジタル信号プロセッサ(DSP)プロトコルの各アプリケーションに対応しています。直接アクセスする際やデイジーチェーン構成では、複数のデバイスがシリアルインタフェースを共有することができます。MAX5580~MAX5585は、2個の多機能、ユーザプログラマブルのディジタルI/Oポートを備えています。外部から選択可能な電源投入後のDAC出力の状態は、ゼロスケール、ミッドスケール、またはフルスケールのいずれかです。MAX5580~MAX5585は、ソフトウェアによって選択可能なFASTおよびSLOW整定モードを備えており、FASTモードでは整定時間が短縮され、SLOWモードでは消費電流が低減されます。

MAX5580/MAX5581は12ビットDAC、MAX5582/MAX5583は10ビットDAC、MAX5584/MAX5585は8ビットDACです。MAX5580/MAX5582/MAX5584はユニティゲイン構成の出力バッファを備え、MAX5581/MAX5583/MAX5585はフォース/センス構成の出力バッファを備えています。MAX5580~MAX5585は-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作し、省スペースの6.5mm x 4.4mmの20ピンTSSOPの各パッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX5580、MAX5581、MAX5582、MAX5583、MAX5584、MAX5585:ピン配置 MAX5580、MAX5581、MAX5582、MAX5583、MAX5584、MAX5585:ピン配置 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。