先頭に戻る

デュアル、10ビット、プログラム可能な、30mA大出力電流DAC

製品の詳細

デュアル、10ビット、ディジタル-アナログコンバータ(DAC)のMAX5550は、大出力電流能力を特長としています。MAX5550はDAC当り最大30mAを供給するため、PINダイオードバイアスアプリケーションに最適です。出力は、大電流アプリケーション(最大60mA、typ)用に並列も可能です。MAX5550は単一電源+2.7V~+5.25Vで動作し、通常動作での標準消費電流はDAC当り1.5mA、シャットダウンモードでは1µA (max)以下です。MAX5550はまた、外付けPINダイオードがオフになっていることが必須であるシャットダウンモード(±1µA、max)において、低出力漏洩電流を備えています。

その他の機能としては、内蔵+1.25Vバンドギャップリファレンス、および高精度および低ノイズ性能を確保するための制御アンプがあります。リファレンス入力(REFIN)が別になっているため、MAX6126のような外付けリファレンスソースの使用が可能になり、優れた利得精度が得られます。ピン選択可能なI²C/SPI™対応シリアルインタフェースによってMAX5550は最高の柔軟性を持ちます。プログラム可能な出力電流の最大値は、ソフトウェアおよび可変抵抗器を使って設定します。MAX5550は16ピンTQFNパッケージ(3mm x 3mm)で提供され、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。

主な機能

  • ピン選択可能なI²CまたはSPI対応インタフェース
  • シャットダウン(±1µA、max)で低出力漏洩電流を保証
  • 拡張温度範囲で単調動作保証
  • デュアル出力でバランスのとれたシステム
  • 電流出力が、DAC当り最大30mAを供給
  • 60mAアプリケーション用並列可能な出力
  • RFフィルタで安定した出力
  • 内蔵または外付けリファレンス機能
  • SPIモードのデイジーチェーン用ディジタル出力(DOUT)
  • 単一電源動作:+2.7V~+5.25V
  • 16ピンTQFNパッケージ(3mm x 3mm)
  • ソフトウェアおよび可変抵抗器によって設定されるプログラム可能な出力電流範囲

アプリケーション/用途

  • PINダイオードバイアス
  • RF減衰器制御
  • VCO同調
Parametric specs for Precision DACs (< 1MHz)
Resolution (bits) 10
# Channels 2
Interface Serial - I2C
Serial - SPI
Output Type Current- Buffered
Reference Int.
INL (±LSB) (max) 1
Supply Range (V) (min) 2.7
Supply Range (V) (max) 5.25
ICC (mA) (max) 6
Settling Time (µs) (typ) 30
Package/Pins TQFN/16
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
$3.69 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX5550:ファンクションブロックダイアグラム MAX5550:ファンクションブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX5550の評価キット(EVキット)は、デュアル、10ビット、プログラマブル、30mA、大出力電流DACのMAX5550を評価するための実証済みのデザインを提供します。また、このEVキットは、Windows 2000/XP/Vista®対応ソフトウェアも同梱しており、MAX5550の各機能を実行するための簡易なグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。

MAX5550のEVキットのプリント基板(PCB)には、MAX5550ETE+が搭載されています。ピンコンパチブルMAX5548ETE+の無料サンプルについては、お問い合わせください。

詳細を見る

特長

  • Windows 2000/XP/Vista (32ビット)対応のソフトウェア
  • SPI™またはI²Cインタフェースをサポート
  • USB-PC接続(ケーブル同梱)
  • USB駆動
  • 4ピンDAC出力信号ヘッダ
  • スルーホール電流設定抵抗の取り付け可能
  • オプションで1.25Vリファレンス(MAX6161)を搭載
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 鉛フリーおよびRoHS準拠
  • 完全実装および試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision DACs (&lt; 1MHz)
Resolution (bits) 10
# Channels 2
Interface Serial - I2C
Serial - SPI
Output Type Current- Buffered
Reference Int.
INL (±LSB) (max) 1
Supply Range (V) (min) 2.7
Supply Range (V) (max) 5.25
ICC (mA) (max) 6
Settling Time (µs) (typ) 30
Package/Pins TQFN/16
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
$3.69 @1k

主な機能

  • ピン選択可能なI²CまたはSPI対応インタフェース
  • シャットダウン(±1µA、max)で低出力漏洩電流を保証
  • 拡張温度範囲で単調動作保証
  • デュアル出力でバランスのとれたシステム
  • 電流出力が、DAC当り最大30mAを供給
  • 60mAアプリケーション用並列可能な出力
  • RFフィルタで安定した出力
  • 内蔵または外付けリファレンス機能
  • SPIモードのデイジーチェーン用ディジタル出力(DOUT)
  • 単一電源動作:+2.7V~+5.25V
  • 16ピンTQFNパッケージ(3mm x 3mm)
  • ソフトウェアおよび可変抵抗器によって設定されるプログラム可能な出力電流範囲

アプリケーション/用途

  • PINダイオードバイアス
  • RF減衰器制御
  • VCO同調

説明

デュアル、10ビット、ディジタル-アナログコンバータ(DAC)のMAX5550は、大出力電流能力を特長としています。MAX5550はDAC当り最大30mAを供給するため、PINダイオードバイアスアプリケーションに最適です。出力は、大電流アプリケーション(最大60mA、typ)用に並列も可能です。MAX5550は単一電源+2.7V~+5.25Vで動作し、通常動作での標準消費電流はDAC当り1.5mA、シャットダウンモードでは1µA (max)以下です。MAX5550はまた、外付けPINダイオードがオフになっていることが必須であるシャットダウンモード(±1µA、max)において、低出力漏洩電流を備えています。

その他の機能としては、内蔵+1.25Vバンドギャップリファレンス、および高精度および低ノイズ性能を確保するための制御アンプがあります。リファレンス入力(REFIN)が別になっているため、MAX6126のような外付けリファレンスソースの使用が可能になり、優れた利得精度が得られます。ピン選択可能なI²C/SPI™対応シリアルインタフェースによってMAX5550は最高の柔軟性を持ちます。プログラム可能な出力電流の最大値は、ソフトウェアおよび可変抵抗器を使って設定します。MAX5550は16ピンTQFNパッケージ(3mm x 3mm)で提供され、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。

簡略化されたブロック図

MAX5550:ファンクションブロックダイアグラム MAX5550:ファンクションブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。