MAX541

+5V、シリアル入力、電圧出力、16ビットDAC

シングル、シリアル、電圧出力DAC、SOパッケージ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX541/MAX542は、+5V単一電源で動作する16ビットシリアル入力、電圧出力のディジタルアナログコンバータ(DAC)です。調整を必要とすることなく全温度範囲で16ビット性能(INLおよびDNLが±1 LSB)を提供します。DAC出力はバッファされていないため、消費電流が0.3mA、オフセットエラーが1 LSBと低くなっています。

DACの出力範囲は0V~VREFです。MAX542はバイポーラ動作用に、外部高精度オペアンプ(MAX400等)と併用可能なマッチングされたスケーリング抵抗を内蔵し、±VREFの出力スイングを発生させることができます。またMAX542は、リファレンスおよびアナロググランドピンにケルビン検出接続を採用しているため、レイアウトによる影響を小さくします。16ビットのシリアルワードがデータをDACラッチにロードします。10MHzの3線式シリアルインタフェースはSPI™/QSPI™およびMICROWIRE™に対応しており、絶縁を必要とするアプリケーションではフォトカプラと直接インタフェースすることができます。電源投入時には、パワーオンリセット回路がDACの出力を0V (ユニポーラモード)にクリアします。MAX541は、8ピンプラスチックDIPおよびSOパッケージで提供されています。MAX542は、14ピンプラスチックDIPおよびSOパッケージで提供されています。
MAX541、MAX542:ファンクションブロックダイアグラム MAX541、MAX542:ファンクションブロックダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • 調整なしでフル16ビット性能を発揮
  • 電源:+5V単一
  • 低電力:1.5mW
  • セトリング時間:1µs
  • バッファなしの電圧出力が60kΩの負荷を直接駆動
  • シリアルインタフェース:SPI/QSPI/MICROWIREに対応
  • パワーオンリセット回路がDAC出力を0Vにクリア(ユニポーラモード)
  • フォトカプラへの直接インタフェース用にシュミットトリガ入力を装備

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • データ収集
  • 高分解能オフセットおよび利得調整
  • 産業用プロセス制御

スペックパラメータを参照する: Precision DACs (248)


Part NumberResolution
(bits)
ChannelsOutput TypeReferenceINL
(±LSB)
InterfaceSupply Range
(V)
Supply Range
(V)
ICC
(mA)
Settling Time
(µs)
Package/PinsOper. Temp.
(°C)
Budgetary
Price
maxminmaxmaxtypSee Notes
MAX541 161Voltage- UnbufferedExt.
1
2
4
Serial - SPI4.755.51.11
PDIP/8
SOIC (N)/8
-40 to +85$11.68 @1k
MAX542 
PDIP/14
SOIC (N)/14
-55 to +125
-40 to +85
0 to +70
$10.52 @1k

価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。

MAX54XEVKIT: MAX541およびMAX542の評価キット
製品の信頼性レポート: MAX541.pdf 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID タイトル
評価ボード7804MAX54XEVKIT MAX541およびMAX542の評価キット