MAX5383

低コスト、低電力、3線式シリアルインタフェース付き8ビットDAC、SOT23

初のリファレンス内蔵3線式SOT封止のDAC


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX5383/MAX5384/MAX5385は、超小型6ピンSOT23パッケージに収められた低コスト、8ビットディジタル-アナログコンバータ(DAC)です。10MHzまで動作可能な3線式SPI™/QSPI™/MICROWIRE™対応シリアルインタフェースを備えています。MAX5383は内部+2Vリファレンスを備え、+2.7V~+3.6V電源で動作します。MAX5384は内部+4Vリファレンスを備え、+4.5V~+5.5V電源で動作します。MAX5385は+2.7V~+5.5Vの広電源電圧範囲で動作し、0.9 x VDDに等しい内部リファレンスを備えています。

MAX5383/MAX5384/MAX5385は消費電流が150µA (typ)と極めて小さく、しかもバッファ付電圧出力を提供しています。これらのデバイスはゼロコードの状態でパワーアップし、新しいコードがDACレジスタに書き込まれるまでその状態に留まります。これにより、パワーアップ時にオフでなければならないバルブその他のトランスデューサを駆動するアプリケーションの安全性を高めます。MAX5383/MAX5384/MAX5385は1µAの低電力シャットダウンモードを備えています。シャットダウンモードにおいては、グランドに対する出力負荷をソフトウェアによって1kΩ、100kΩ、1MΩのいずれかに設定することができます。
MAX5383、MAX5384、MAX5385:標準動作回路 MAX5383、MAX5384、MAX5385:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 超小型6ピンSOT23パッケージで8ビット解像度を実現
  • 広電源電圧範囲:+2.7V~+5.5V (MAX5385)
  • 1µA以下のシャットダウンモード
  • シャットダウン中の出力抵抗をソフトウェア選択可能
  • バッファ付出力が抵抗性負荷を駆動
  • 低グリッチのパワーオンリセットがDAC出力ゼロを保証
  • 3線式SPI/QSPI/MICROWIRE対応インタフェース
  • フルスケール誤差:±5%以下(MAX5385)
  • 最大INL/DNL:±1 LSB以下
  • 最大消費電流:わずか230µA

アプリケーション/用途

  • 自動利得制御
  • 自動オフセット調整
  • 自動チューニング(VCO)
  • パワーアンプバイアス制御
  • プログラマブルスレッショルドレベル

Pricing Notes:
This pricing is BUDGETARY, for comparing similar parts. Prices are in U.S. dollars and subject to change. Quantity pricing may vary substantially and international prices may differ due to local duties, taxes, fees, and exchange rates. For volume-specific and version-specific prices and delivery, please see the price and availability page or contact an authorized distributor.
製品の信頼性レポート: MAX5383.pdf 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース