先頭に戻る

+5V、低電力、電圧出力、シリアル12ビットDAC

5Vまたは±5V電源。高性能な単一電源製品についてはMAX5352を参照してください。

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Precision DACs (< 1MHz)
Resolution (bits) 12
# Channels 1
Interface Serial - SPI
Output Type Voltage- Buffered
Reference Ext.
INL (±LSB) (max) 1
Supply Range (V) (min) 4.5
Supply Range (V) (max) 5.5
ICC (mA) (max) 0.3
Settling Time (µs) (typ) 25
Package/Pins PDIP/8
SOIC (N)/8
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
0 to +70
Budgetary
Price (See Notes)
4.42
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision DACs (&lt; 1MHz)
Resolution (bits) 12
# Channels 1
Interface Serial - SPI
Output Type Voltage- Buffered
Reference Ext.
INL (±LSB) (max) 1
Supply Range (V) (min) 4.5
Supply Range (V) (max) 5.5
ICC (mA) (max) 0.3
Settling Time (µs) (typ) 25
Package/Pins PDIP/8
SOIC (N)/8
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
0 to +70
Budgetary
Price (See Notes)
4.42

主な特長

  • +5V単一電源動作
  • バッファード電圧出力
  • 内部リファレンス:2.048V (MAX531)
  • 消費電流:140µA (MAX538/MAX539)
  • INL = ±1/2 LSB (max)
  • 単調性保証(全温度範囲)
  • 柔軟な出力範囲:
    • 0V~VDD (MAX531/MAX539)
    • VSS~VDD (MAX531)
    • 0V~2.6V (MAX531/MAX538)
  • 8ピンSO/DIP (MAX538/MAX539)
  • パワーオンリセット
  • デイジーチェーン接続可能なシリアルデータ出力

アプリケーション/用途

  • バッテリ動作/リモート産業用制御
  • バッテリ駆動試験機器
  • デジタル利得およびオフセット制御
  • 汎用
  • 機械および動作制御機器

説明

MAX531/MAX538/MAX539は、低消費電力の電圧出力12ビットディジタル-アナログコンバータ(DAC)で、+5V単一電源で動作します。またMAX531については±5V電源でも動作します。MAX538/MAX539の消費電流は僅か140µAで、MAX531については内部リファレンス電流も含めて僅か260µAとなっています。MAX538/MAX539は8ピンDIPおよびSOパッケージで、MAX531は14ピンDIPおよびSOパッケージで供給されています。全製品ともオフセット電圧、ゲイン、リニアリティが内部調整されているため外部調整は必要ありません。

MAX538のバッファゲインは+1に固定されており、MAX539は+2に固定されています。MAX531の内部オペアンプはゲイン+1または+2に設定でき、さらにユニポーラおよびバイポーラの出力電圧が可能です。このMAX531は外付け抵抗およびオペアンプ無しで4象限乗算型DACとしても使用できます。パラレルデータ入力用には、MAX530のデータシートを参照して下さい。

簡易ブロック図

MAX531、MAX538、MAX539:ファンクションブロックダイアグラム MAX531、MAX538、MAX539:ファンクションブロックダイアグラム Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。