先頭に戻る

低電力、12ビット、電圧出力DAC、シリアルインタフェース付

シングル、シリアル、電圧出力DAC、µMAXパッケージ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Precision DACs (< 1MHz)
Resolution (bits) 12
# Channels 1
Interface Serial - SPI
Output Type Voltage- Buffered
Reference Ext.
INL (±LSB) (max) 1
Supply Range (V) (min) 4.5
Supply Range (V) (max) 5.5
ICC (mA) (max) 0.4
Settling Time (µs) (typ) 14
Package/Pins PDIP/8
UMAX/8
Oper. Temp. (°C) -55 to +125
-40 to +85
0 to +70
Budgetary
Price (See Notes)
6.41
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision DACs (&lt; 1MHz)
Resolution (bits) 12
# Channels 1
Interface Serial - SPI
Output Type Voltage- Buffered
Reference Ext.
INL (±LSB) (max) 1
Supply Range (V) (min) 4.5
Supply Range (V) (max) 5.5
ICC (mA) (max) 0.4
Settling Time (µs) (typ) 14
Package/Pins PDIP/8
UMAX/8
Oper. Temp. (°C) -55 to +125
-40 to +85
0 to +70
Budgetary
Price (See Notes)
6.41

主な特長

  • 設定可能な出力アンプ付きの12ビットDAC
  • 電源:
    • +5V単一(MAX5352)
    • +3.3V単一(MAX5353)
  • 低消費電流:
    • 0.28mA (通常動作)
    • 2µA (シャットダウンモード)
  • パッケージ:8ピンµMAXも提供
  • パワーオンリセットでDACを0Vにクリア
  • SPI/QSPIおよびMICROWIREコンパチブル
  • フォトカプラへの直接インタフェース用にシュミットトリガディジタル入力を装備
  • +3.3V MAX5353は+5Vロジックと直接インタフェース

アプリケーション/用途

  • デジタル利得およびオフセット制御
  • 汎用
  • 産業用プロセス制御
  • 動作制御
  • 遠隔産業用制御

説明

MAX5352/MAX5353は、低電力、電圧出力の12ビットディジタルアナログコンバータ(DAC)および高精度出力アンプを8ピンµMAX®またはDIPパッケージに内蔵しています。MAX5352は+5V単一電源で動作し、MAX5353は+3.3V単一電源で動作します。消費電流は、いずれも僅か280µAとなっています。

出力アンプの反転入力を使用することができるため、特定の利得設定、リモートセンシングおよび大出力駆動能力の実現が容易になっています。このため、MAX5352/MAX5353は工業用プロセス制御アプリケーション等の広範囲のアプリケーションに最適です。その他の特長としては、ソフトウェアシャットダウンおよびパワーオンリセット等が挙げられます。シリアルインタフェースは、SPI™/QSPI™およびMICROWIRE™とコンパチブルです。このDACは、入力レジスタにDACレジスタが続く構成のダブルバッファ付入力を備えています。データは、16ビットのシリアルワードにより入力レジスタにロードされます。DACレジスタは、入力レジスタとは独立あるいは同時に更新できます。全てのロジック入力は、TTL/CMOSロジックコンパチブルです。また、シュミットトリガでバッファされているため、フォトカプラに直接インタフェースできます。

簡易ブロック図

MAX5352、MAX5353:ファンクションブロックダイアグラム MAX5352、MAX5353:ファンクションブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。